「境界線」amazarashiの歌詞の意味とTVアニメとの関連性

「境界線」amazarashiの歌詞の意味とTVアニメとの関連性

「境界線」amazarashiの歌詞の意味についてはTVアニメのオープニングテーマとして決定した曲でもあるので、注目しておきたいですね。

このシングルには他にも魅力的な曲が収録されます。今回は「境界線」amazarashiの歌詞の意味とTVアニメとの関連性について、詳しくお伝えしていきましょう。



アニメについて

「境界線」は2021年10月から放送が始まるTVアニメ「86―エイティシックス―」第2クールの、オープニングテーマです。

「86―エイティシックス―」は、シリーズ累計130万部を突破している電撃文庫の人気作が原作になっています。

その第2クールの曲のオープニングを作るにあたり、今を生きるうえでの矛盾や葛藤を現実的な感触として伝えるように意識をしたというamazarashiの秋田ひろむ。

「曲の歌詞がアニメの内容とリンクしている」と感じる人も多いのではないでしょうか。

歌詞の意味について

大切な人と過ごした日を思い出しながら、現在を憂う曲の中の主人公。諦めて日々を過ごそうとしても、なんだか違うように感じるのです。

大切な人との時間や生み出した輝きについては、きっと誰も理解できないと感じるのでしょう。

向こうに行くと終わってしまうものだと、自分の中では思っているのです。でもここで諦めることができない、聞こえてくる声は自分のものなのかそれとも…。

大切な人の声が届くのなら、小さな光であっても希望のように感じることができるのです。望んでいた世界ではなかったと泣く声がするのです。

そしてここから進むこと、それを怖いと思っている声も聞こえるのでしょう。心にその声が響いてくるのです。

時には獣になったとしても、今という時を守るのが理由の場合もあるでしょう。ここに正義がある可能性を感じるのです。

向こうに向かって進んだとしても、悲しくて嘆いてしまうことも。でも自分を偽りたくないのです。

こう思うのは自分の大切な、育った故郷が関係しているのかもしれません。自分を許したい思いがあるのです。

今までに選んできたものがあるから今がある、こんなふうになりたくなかったと恨む思いもあるのでしょう。

苦しむ人たちを見ている中で、もし黙ることを選んだとしたらその自分を認めることはできるのでしょうか。

存在する意味については、きっと自分の中にあるのです。心の中にある小さな光が、あの日に見た星空とどこか似ているように感じるのでしょう。

 

深く心に届くメッセージ

歌詞の中に、苦しみながら今を生きる主人公の存在があります。それでも心の中では、既に分かっていることがあるのでしょう。

このため曲を聴くことにより、深く心にそのメッセージを感じるのではないでしょうか。



関連記事一覧