「怪盗」back numberの歌詞の意味とドラマとの関連性とは

「怪盗」back numberの歌詞の意味とドラマとの関連性とは

「怪盗」back numberの歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあるので興味深いと思う人は多いですよね。

今回はこの曲の歌詞の意味、そしてドラマとの関連性をお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「恋はDeepに」の主題歌として「怪盗」が起用されています。MVについてもストーリー仕立てになっていて、non-no専属モデルの鈴木ゆうかが主人公を演じているのです。

ドラマは石原さとみと綾野剛の恋愛がどのように進展していくのか、それに対して注目している人が多いでしょう。実際にこの曲とは、どのような関連性があるのでしょうか。

歌詞の意味について

目を閉じていてほしい、その間に大切な人の心を盗みたい思いがあるのです。これからストーリーが始まるのでしょう。

始めてもいいというサインを、待ちたい気持ちがあるのです。この場所から大切な人を奪い、そして夜空を越えていきたい。

まるで宝石のような美しい街が見えるのです。想像したことのないほど、綺麗な世界を見せたい人がいるのでしょう。

風に乗り海を渡り、そして虹さえもバラバラにして空に飾りたいのです。大切な人に伝えたいのは、ありのままでいてほしいということ。

傍にいてくれれば、それだけで自分は強くなれると感じているのでしょう。全てを可能にしていけると、確信が持てるのです。

ガラスの靴を履いている大切な人。もしかしたら月に帰ってしまうのでしょうか。でも自分でどんなに否定をしたとしても、その人はとても素敵な人なのです。

出会える前と出会えてからの自分を比較してみると、とても長い文章になってしまうぐらいに深い思いがあるのです。

でも大切な人の細胞さえ愛しい、これについて尊く思う気持ちは伝えることができないでいるのでしょう。

だから大切な人のことは、しっかりと自分が素晴らしい存在だと世の中の人にも伝えたいぐらいなのです。

大切な人を奪い去るようにして、美しい世界を見せてあげたいのです。一緒に見る世界はとても素晴らしいもの。

そして自分には不可能というものがないと思える、この強さを与えてくれる相手でもあるのでしょう。

 

幻想的な世界に引き込まれる

この曲や歌詞はとても幻想的で、引き込まれるような魅力があります。これはまるで恋愛をしている時のような感覚ですよね。

自分の中でどう表現したらよいのか分からない想い。それをこの曲を聴くことで、自分なりに感じられるものがあるかもしれません。

心を奪ったり奪われたりしながら、恋愛の世界に入り込んでいくのは「恋はDeepに」のストーリーとも共通したものがあるでしょう。だからこそドラマとこの曲が合うと感じる人は多いはずです。



関連記事一覧