Vaundy「怪獣の花唄」の歌詞の意味と曲に込められたメッセージ

Vaundy「怪獣の花唄」の歌詞の意味と曲に込められたメッセージ

Vaundy「怪獣の花唄」の歌詞の意味については、CMソングに起用され2022年の紅白歌合戦でもこの曲を歌ったため、深く知っておきたい人も多いのでは。

では今回はVaundy「怪獣の花唄」の歌詞の意味と曲に込められたメッセージについて、詳しくお伝えしていきましょう。



1stアルバムの収録曲

「怪獣の花唄」はVaundyが2020年にリリースした1stアルバム『strobo』の収録曲です。先行シングルとして、配信スタートされました。

マルハニチロのテレビCM「WILDishシリーズ オレらのために篇」のCMソングにも起用されています。

2022年1月公開チャートまで、51週連続でトップ100をキープ。他にも「不可幸力」と「napori」がそれぞれ1億回再生を突破しています。

「怪獣の花唄」の歌詞の意味について

ふと思い出すのは大切な人の歌なのです。会話よりもとても鮮明に。どこに行ってしまったのか、いつも心の中で探す自分がいるのでしょう。

思い出すのは、大切な人の歌。歌った時の笑顔がとても鮮明で。とても似合っているので、ずっと見ていたくなるのです。

でも最後に見たいと願うのは、きっと大切な人の夢の中。もう一度聞かせてほしい、また聞きたい思いがあるのでしょう。

騒いでほしい怪獣のように。まだ消えることのない夢の歌も。大切な人がいつも歌っている歌だから。まだ消えることがないので、口ずさんでしまうのです。

思い出すのは君の姿。ギターを持っている大切な人。その存在を忘れられないのです。だから自分で歌おうという思いに。

でも最後に見たい、こう思うのはきっと大切な人の夢の中。そしてもう一度だけ聞きたい、だから聞かせてほしいのです。

落ちていってしまう過去は、とても鮮やかなもの。見せたいと思う未来は繊細なのです。そして過ぎていく日々に対しては、鈍感な大切な人。

一緒に過ごす中で眠れない夜には手を伸ばして、眠らない夜を伸ばしていきたのです。眠くないねと話しながら。

そんな日々でいたい思いがあるのです。だから懲りたりせずに眠れない夜に手を伸ばそう、眠れない夜をまた伸ばしたい。眠くない、だからこの夜に歌いたい歌があるのです。

 

曲から感じるメッセージについて

眠れない夜を過ごしながら、夜更かしをしてみることも。そんな少し幼い頃の記憶を辿っているようにも感じます。

10代の夜に聞いていた歌があったのでしょう。この日々のままでいたい、でもそれは叶わない思いかもしれない。だからこの曲を残しておきたいと思っていたのかもしれません。

若い時代の未来はとても繊細、でも現在に対しては鈍感で無頓着になってしまうことも。それが若さで若者の特徴の可能性があります。

 

様々な解釈ができる魅力的な曲

受け取り方によって、様々な解釈ができるのもこの曲の魅力でしょう。大切な存在はきっと目の前にいないのです。

自分にとって、どういう存在だったのでしょうか。子供時代の自分の可能性もあります。もしくはもう会うことができない人。

自分らしいと感じる歌、それを歌うことができるのはもうこれが最後かもしれないという思いがあるのでしょう。

自分が大切な人のために口ずさむ、このことにとても大きなが意味があるのかもしれません。

 

「怪獣」という表現について

なぜ怪獣という表現にしたのでしょうか。これについても謎めいていると感じます。この時の自分にとって、怪獣の歌のように感じた可能性もあるでしょう。

これからも同じ時を過ごしていきたい、でもこれができないように感じているのです。それは自分が少し大人になったからかもしれません。

そして懐かしみながら、その頃のことを振り返っている曲のようにも感じます。怪獣と花唄、この組み合わせがとても神秘的で不思議なイメージを与える曲になっているでしょう。

 

☆こちらの曲もお勧めです!

>>>10-FEET「第ゼロ感」の歌詞の意味と人気漫画の映画版との関連性



関連記事一覧