「ファイトソング」のあらすじとキャストと気になる展開について

「ファイトソング」のあらすじとキャストと気になる展開について

「ファイトソング」のあらすじとキャストについては、2022年1月からスタートする新ドラマということもあり、とても気になるところですよね。

女性が主演となり、二人の男性との関係性や恋愛への進展についても興味深い内容に。今回は「ファイトソング」のあらすじとキャスト、そしてドラマの展開について深く見ていきましょう。



あらすじについて

主役の女性は、空手の日本代表を目指しています。児童養護施設で育ち、とても明るく努力家でもあるのです。

とてもポジティブで逆境に負けない女性というのも魅力でしょう。彼女はあることをきっかけにミュージシャンの男性、そして幼馴染の男性との三角関係に巻き込まれていきます。

そして主人公の女性は、実は誰にも言っていない秘密を抱えているのです。彼女には空手の試合前に必ず聴く勝負曲があり、この曲を作ったのが少し変わった雰囲気のミュージシャン。

恋愛経験がほぼなく、音楽への創作意欲はあるのですが、希望が叶いにくい状況です。でも主人公と出会い、今まで曲がうまく書けなかったのは恋愛経験の不足も理由だと考えて、偽りでも本気の恋愛をしていこうと決めるのです。そしてこれをきっかけに音楽の世界で成功をしようとしている男性。

一方主人公の女性をずっと想い続ける幼馴染の存在があるのです。彼は外見は軽い雰囲気ですが、性格はとても明るくて天真爛漫。

今まで一途に愛情を持ち続けてきた主人公の女性の前に、突然現れたミュージシャンの男性に対して「このままではいけないのでは…」と焦りを感じるようになるのです。

愛情表現をしているのですが、それに対して気にしていない主人公。その対比がどこかコミカルですが、キュンとなる場面にもなるでしょう。

キャストについて

「ファイトソング」の主人公・木皿花枝(きさらはなえ)役を演じるのは清原果耶です。第72回NHK紅白歌合戦でゲスト審査員を務めるなど、様々な分野で活躍している人気女優。

今回演じることになった役どころは、空手の日本代表を目指している努力家な女性なのです。でもとあることがきっかけで、選手としての夢を絶たれてしまったとのこと。

モチベーションをなくしてしまい、今までとは全く正反対の無気力な毎日を過ごしていたのですが、そこで幼馴染・夏川慎吾(なつかわしんご)が経営するハウスクリーニングでアルバイトをすることになりました。

慎吾は花枝のことをとても大切に想っている一途な男性。Sexy Zoneの菊池風磨が演じるというこの役柄が、ドラマ全体にどういった影響を与えるかとても気になりますよね。

また、花枝がアルバイト中に出会った男性・芦田春樹(あしだはるき)はミュージシャン。今までに一曲だけヒット曲をリリースしたことがあるのですが、そこからは売上が伸び悩んでしまい、ミュージシャンとしての活動が危うくなってしまっています。

でも花枝は空手の日本代表を目指していた頃、芦田春樹の曲を勝負曲として、何度も励まされてきました。ここで生まれる、偽りでも本気の恋愛について「ファイトソング」では事細かに描いているといえます。

少し個性的なタイプのミュージシャン・芦田春樹役を演じるのは間宮祥太朗。こちらの役どころについても、とてもミステリアスで気になります。ミュージシャンと幼馴染、主人公はどちらの恋を選ぶのでしょうか。

 

見どころについて

このドラマの脚本家は『この世界の片隅に』そして、映画『いま、会いにゆきます』などの多くの素晴らしい作品を世に送り出した岡田惠和です。

不器用な3人の若者たちがどのようにして日々を過ごしていくのか、そして恋愛についてはどう進展していくのかが大きな見どころでしょう。

思い通りにいかないことが多い時代ではありますが、その中でも希望を与えてくれるドラマの内容になっているのです。

恋愛慣れしていないヒロインがやっと見つけることができた恋愛とは、どのようなものなのでしょうか。主人公に対して応援をしながら観ていきたいドラマと言えるでしょう。

 

公式HP:https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>「華大さんと千鳥くん」のゲスト?かまいたちも高確率出演!超豪華



関連記事一覧