「東京放置食堂」のあらすじとキャストとドラマの見どころとは

「東京放置食堂」のあらすじとキャストとドラマの見どころとは

「東京放置食堂」のあらすじとキャストについては、今後始まるドラマでもあるので期待をしたいところです。

最近では時代としての影響もあり、食に関するドラマが多いように感じますよね。このドラマについても、食との関わりを大切にしているのです。

今回は「東京放置食堂」のあらすじとキャスト、そしてドラマの見どころについてお伝えしていきますね。



あらすじについて

主人公の女性は、東京生まれの東京育ちです。そして数多くの事件に関わってきた裁判官でもあるのです。

元々曲がったことが嫌いで、とても真面目な性格。でもキャリアを重ねてきたのですが、そのことに対して疲れを感じてしまったのです。

このため退官を決意して、ある出来事をきっかけにして大島に向かいます。この場所にて祖父から受け継いだ「風待屋」を一人で営む若い店主と出会います。

そしてこの出会いにより、主人公の女性の第二の人生が始まるのです。

 

キャストについて

真野日出子役を演じるのは片桐はいりです。元裁判官で東京で生まれて育ってきた女性。でも人を裁くということに疲れを感じて、大島に渡ることを決意して「風待屋」に辿り着くことに。

小宮山渚役を演じるのは工藤綾乃です。大島にて祖父から受け継いだ「風待屋」を一人で営んでいる寡黙な店主です。

南奈一平役を演じるのは与座よしあきです。彼は大島の住民で、今後は主人公の女性と関わっていくことになります。

北野康夫役を演じるのは松川尚瑠輝で、彼も大島の住民です。西浦辰彦役を演じるのは梅垣義明で、彼も大島の住民。

彼らとのやりとりの中でも主人公の女性は、様々な経験をして人との出会いを感じながら日々を過ごしていくことになるのです。

 

見どころについて

ドラマの舞台となる大島は、東京から120キロも離れた太平洋に浮かぶ島です。都内とは思えないほどの大自然に溢れているのです。

賑やかな街から穏やかな時間の流れを感じる場所に移動をすることに。この場所だからこそ島グルメを堪能することができたり、人間関係を構築することができたりするのです。

人生は一度きりだと思い、やりたいことをやってみようと思う主人公の行動力が素晴らしいですね。

 

新しい環境にて感じる思い

今までの日々を振り返ることがあったとしても、第二の人生は始まっているのです。このため今後の生活に対して、期待と不安を持ちながら主人公は歩んでいくのでしょう。

この姿を視聴者としては、応援しながらも自分も同じような生活がしてみたいと感じ、自分自身が現実から少し離れた気持ちになれるのです。

 

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/houchishokudo/



関連記事一覧