「愛しい嘘~優しい闇~」のドラマの内容は?予測不能の恋とサスペンス

「愛しい嘘~優しい闇~」のドラマの内容は?予測不能の恋とサスペンス

「愛しい嘘~優しい闇~」のドラマが好評で注目されていますが、どのような内容なのか詳しく知らないという人もいますよね。

謎多き印象を受けるタイトル。このドラマは、サスペンス的要素の他に恋愛のカラーも組み込まれていますので、とても奥深い内容に仕上がっています。

最後まで予測不能という「愛しい嘘~優しい闇~」のドラマ。今回はあらすじやキャストなど、気になる情報をまとめてご紹介していきますね。



「愛しい嘘~優しい闇~」のあらすじ

「愛しい嘘~優しい闇~」は、愛本みずほによるコミック作品が原作です。講談社・pixivのPalcyにて2020年春より連載されていますが、2021年7月からは電子書籍だけでなく紙媒体での刊行も開始されました。

そんな「愛しい嘘~優しい闇~」ですが、作者によるとTVドラマ版には原作にはない要素が多少なりともあるようなのです。

主人公・今井望緒(いまいみお)は、地元から上京してきて念願の漫画家デビューを果たした女性。しかし鳴かず飛ばずの期間が続いてしまうのです。

現在は漫画家アシスタントとして働きながらも、思い通りにいかないことが苦しいと思っていました。そんなある日、14年前に卒業した中学校の同窓会の報せが望緒のもとにやってきます。

さらに、初恋の人・雨宮秀一(あめみやしゅういち)より、受付担当の依頼までも舞い込んできたのです。どうして自分なのかと困惑する中、ドキドキしながら帰郷することにした望緒。

同窓会で再会したのは、東京にてIT企業の社長となっている雨宮の他、弁護士をしている本田玲子(ほんだれいこ)、地元でワイナリーを経営している幼なじみ・深沢稜(ふかざわりょう)など、おなじみの仲良しメンバーたちでした。

6人組と喜ばしい再会を果たすのですが、久々に皆で集合写真を撮ったところ、ふと過去にも同じような写真を撮ったような気がしてしまうのです。

不思議な感覚に見舞われた望緒。その後、卒業の際に埋めたタイムカプセルを掘り起こすのですが…。

「愛しい嘘~優しい闇~」のキャストや登場人物

主人公・今井望緒役を演じるのは波瑠です。クールビューティーかつ真面目な女性という印象を受ける人気女優。今回の役どころがとても気になりますよね。

今井望緒という人物は現在29歳で、優柔不断、平和主義な性格の女性です。自分が悪くなくても咄嗟に謝ってしまうところもあり、少し控えめなところも。

しかし漫画家としてデビューした当時から、ずっとファンレターを送り続けてくれる「クロ」というファンの存在に救われているようです。

そんな今井望緒の初恋の相手・雨宮秀一役を演じるのは林遣都。ルックスもよく、勉強もスポーツもできる人物という役どころで、中学卒業から14年経った今、どのような大人になっているのかがとても気になるところでしょう。

同窓会でも女性たちからかなりモテていたようなのですが、そんな雨宮という人物にも秘密があるとのこと。また、望緒たちの同級生・本田玲子役を本仮屋ユイカが、岩崎奈々江(いわさきななえ)役を新川優愛が、雨宮秀一の母・サユリ役を高橋ひとみが演じています。

 

初恋が実る日と事件の真相

「愛しい嘘~優しい闇~」のドラマは、2022年1月14日(金)から放送がスタートしています。中学時代の仲良し6人組が主要人物となっていて、その仲間内でとある事件が発生したとのこと。

真相が最後に明らかになるまで、決して見逃すことができないドラマとなっています。主人公・望緒の初恋は同窓会がきっかけで実ることとなるのか、それとも…。最後まで予測不能のストーリーなので、ぜひこれから注目してみましょう。

 

公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/itouso/

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>「ハレ婚。」のあらすじとキャストそしてドラマの魅力とは



関連記事一覧