• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • ずっと真夜中でいいのに。「猫リセット」の歌詞の意味とコラボレーション
ずっと真夜中でいいのに。「猫リセット」の歌詞の意味とコラボレーション

ずっと真夜中でいいのに。「猫リセット」の歌詞の意味とコラボレーション

ずっと真夜中でいいのに。「猫リセット」の歌詞の意味についてはコラボレーションでもあるため、内容を深く理解しておきたいところ。

今回のMVや楽曲にも期待が高まります。ずっと真夜中でいいのに。「猫リセット」の歌詞の意味とコラボレーションについて、詳しくお伝えしていきましょう。



コラボレーションについて

「ずっと真夜中でいいのに。」と、求人検索エンジン「Indeed」がコラボレーションをしました。

今回のMVコラボ企画のために「ずっと真夜中でいいのに。」がオリジナル曲を制作したのです。

そしてこの制作について、インディアニメーションカルチャーを牽引するクリエイターたちと一緒にIndeedがサポートをすることに。

更には新進気鋭のクリエイターたちによるイラストと、「真夜中の仕事」にスポットを当てた特別コンテンツも公開されます。

私たちの生活を支えてくれている仕事について描くために、このプロジェクトはスタートしたのです。

歌詞の意味について

これからスタートするという少し前に、自分自身のメンテナンスをするのです。重いと感じる頭、そして髪の毛についてはセットできていないかもしれない。

どこかバランスが取れないように感じる体。ではここからどのようにして、その場に向かおうかと考える曲の中の主人公がいます。

自分の存在というものを、定期的にリセットが可能であれば楽になれるかもしれない。信じたい思いがあっても、自信が持てないこともあるのです。

いつもと同じ行動、そしてやりとりをした履歴。歩道橋には香りがあるように感じるのです。これを見つめながら時間が過ぎることも。

買い物カートには、商品があるのです。これを見つめながら思うところもあるのでしょう。本当ならもっと期待をしてみたい。でもこの性格では無理かもしれないと思ってしまうのです。

考えないようにしようと、感覚を大切にしたい思いがあるのでしょう。でもどうしても引き分けになってしまうことも。

そして繰り返しこれが続くように感じるのです。虚しい気持ちになる時もあるのでしょう。でもそんなふうに思うのではなく、自分自身のよい面について考えてみたいのです。ネットを繋いでいて回線が落ちる時も。

そして電車を乗り過ごしてしまう時もあるのです。敵とも味方とも呼べない、この中でお互いに無理をしながら。

答えなければいけない時でも、どうしても時間がかかってしまうのです。このようなことをしていても、きりがない…と思う気持ちもあるのでしょう。

ギターの弦のための費用や食べるためのお金、他にも交通費が必要なのです。そして食事をしたとしても、なんだか涙が出てきてしまう。

今の自分の行動、これはいつか価値があると思えるようになるのでしょうか。このように考えて眠る時もあるのです。

暇だと感じると、これを敵のように思ってしまうのです。経験してきたこと、そしてシフトを出すということ。

気を遣いながら書かなければいけない、でもこれに対しては自分でも納得していないのでしょう。

まるで猫を被っていたと自分に対しても思うのでしょう。でもこんなことをしても、意味がないように感じる時も。

生き急いだとしても、仕方がないように思えてくるのです。過去についても忘れてしまって、その後には笑顔になりたいと願うのでしょう。

自分に合うものを選びたい、だから黙っていてほしいという自分なりの希望や信念を持っているのです。

 

ポップなテンポの中でメッセージが心に響く

過去や現在、そして近い未来の自分に対しての思いが歌詞に綴られています。自分に対して今後どうしたらいいのか、悩みや迷いも生じているのでしょう。

でも信じたい思いがあるのです。これを大切にしていくためには、割り切りや強さが必要なのかもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>ゆず「奇々怪界-KIKIKAIKAI-」の歌詞の意味と込められた思いとは



関連記事一覧