「なないろ」BUMP OF CHICKENの歌詞の意味とドラマとの関連性

「なないろ」BUMP OF CHICKENの歌詞の意味とドラマとの関連性

「なないろ」BUMP OF CHICKENの歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあることから、注目されていると言えるでしょう。

今回はどのような曲を、私たちに届けてくれたのでしょうか。では「なないろ」BUMP OF CHICKENの歌詞の意味、そして魅力についてお伝えしていきますね。



ドラマについて

連続テレビ小説「おかえりモネ」が5月17日から始まりました。その主題歌をBUMP OF CHICKENが担当しているのです。

連続テレビ小説といえばかなりの長い年月に渡り続いてきたもの。そして「なないろ」によって受け継がれていくのでしょう。

優しさを感じさせるものやシンプルなイメージの曲が多いのが、連続テレビ小説の主題歌によくある傾向なのです。今回の「なないろ」についても、それは共通していると言えるでしょう。

歌詞の意味について

暗い雲を見たとしても、信じたい気持ちがあるのです。自分は今進むことができていると感じられるのでしょう。

晴れた日も好きなのですが、時にひとりのような気持ちになることも。景色を見ていても、そこに笑顔が溢れているわけではないのです。

いろいろな出来事が起こりながら、自分自身の旅が続いていくように感じているのでしょう。前の日に雨が降ったとしても、太陽はこれについて忘れているように感じるのです。それほど太陽は、とても美しく輝いているのでしょう。

水たまりがとても綺麗で、まるで呼吸をしているように感じるのです。空に向かって伝えたいのは、自分自身の軌跡でもあるのでしょう。

忘れたくない思い出は、カバンの中にあるのです。そしていつかこれが、必要になる時が来るのでしょう。

確かなものを見つけたいけれど、難しく感じる時も。でも確かに見ることができた、あの日の虹をこれからも見つけていけるように思うのです。

でも本当に見つけられるかわからないと思う人には、虹を見ることができた時の自分の思いを伝えたい。

胸の奥には大切な存在がいるのです。これについては変わらないと確信できるので安心感があるのですが、時にそこから目を逸らしたくなる気持ちもあるのでしょう。

忘れたくない思い、これもきっと今後大切にしながら進んでいくのでしょう。過去に見た虹にきっといつか出会える、そう信じたい思いがあるのです。

 

過去と現在を大切にしながら

忘れられないと感じるものを、無理に忘れる必要はないのです。これを持ちながらも必ず進んでいけると信じることが大切でしょう。

その思いが今の自分を、より輝かせてくれるものになるのです。今のままの自分でよいと思えるのは、とても素晴らしいですよね。

無理に変わらなくていい、なぜなら進んでいくうちに自然に成長していけると思わせてくれる曲でしょう。



関連記事一覧