「花占い」Vaundyの歌詞の意味と曲に込められた思いとは

「花占い」Vaundyの歌詞の意味と曲に込められた思いとは

「花占い」Vaundyの歌詞の意味については、ドラマの主題歌としても使用されているので興味を持つ人は多いですよね。

そしてタイトルがメルヘンでもあるので、女性好みだと感じるかもしれません。今回は「花占い」Vaundyの歌詞の意味と込められた思いについて、詳しくお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「花占い」は中川大志主演のドラマ「ボクの殺意が恋をした」の主題歌です。このドラマのために書き下ろした曲なので、ドラマとマッチすると感じる場面も多いですよね。

殺し屋とそのターゲットが恋をするという、ラブコメディになっているのです。そしてMVには中川大志と新木優子が参加をしているので、これについてもチェックしておきましょう!

歌詞の意味について

夕焼けを感じながら、思い返す時があるのでしょう。風に二人の心を乗せながら、思い出を振り返るのです。

願いとしては、二人を出会った時よりも昔に戻してほしい。そして叶うことなら自分たちの運命についても、更に遠いものにしてほしいのです。

でもこんなふうに伝えながらも、大切な人が心の中から消えないのでしょう。この気持ちに対して、行き場がないままに苦しんでしまう。

でもきっと苦しんだ向こうには、大切な人がいると信じたいのです。恋愛をしたとしたら、先には何があるのでしょうか。そんな話を二人でしてみたいのです。

大切な人との恋愛はまるで土を深く掘り、中で折れてしまう花のように感じるのです。でも月日がかなり経ったとしても、きっと今と同じように待ち続けるのでしょう。

こう思う自分に、呆れてしまうような仕方がないと納得するような気持ちに。大切な人と一緒でなければ、どこに行くこともできないのです。

でも二人の日々が重なることがない、そんな中で立ち尽くすのでしょう。自分の願っているものは、大切な人との未来なのです。これからの話をしたい思いがあるのでしょう。

妄想だと言われたとしても、この想いが溢れてくるのです。願っても花が散ってしまうぐらいに溢れてしまう愛情。それほど相手のことをを愛しているのでしょう。

 

美しいラブソングに

大切な人との日々、これは当たり前のものではなくてとても貴重なものなのです。でもこれについて気付いていても、何もできないような時もあるかもしれません。

このやるなさや切なさが、曲を聴いていると伝わってくるのです。いつかまた会えると信じて、そして歩いていこうとしている曲の中の主人公。

諦めなければきっと会える日が来るのです。願うことをやめない限りは、未来を目指していけると感じられる曲でもあるでしょう。



関連記事一覧