クリティカルヒットがCMに登場!話題の男女コンビEverybody

クリティカルヒットがCMに登場!話題の男女コンビEverybody

クリティカルヒットがCMについに登場しました。クリティカルヒットのネタが、TikTokでも人気になっているEverybody(エビバディ)。

吉本興業所属の男女お笑いコンビです。ブレイクのきっかけを掴みつつあるEverybodyについて紹介しましょう。



あの人気番組で一躍注目

Everybodyは、ツッコミ担当の「タクトOK!!」とボケ担当の「かわなみchoy?」という変わった芸名のコンビで、2019年5月に結成しました。

一躍注目されるようになったきっかけは、新年恒例となっている人気番組「ぐるナイ・おもしろ荘」です。2021年の年明けは、お笑い第7世代NEXTスター発掘スペシャルとして放送。Everybodyは予選を勝ち抜いた10組に入り、ネタを披露しました。

底抜けに明るいテンション、コミカルな動き、面白い顔芸(顔芸をFACEと呼んでいる)、軽快なリズムと歌詞をミックスしたクリティカルヒットのネタが大うけ。ナインティナインの岡村隆史も絶賛していました。

フレーズとリズム曲を、口ずさみたくなる感じや、頭の中にいつまでも残るような楽しさや面白さがあります。1月1日の放送直後から、SNSなどで大きな反響を呼びました。

TikTokを開始すると、再生回数がうなぎ上りに上昇。様々な人が、マネやアレンジをする状態になります。クリティカルヒットの曲を利用した関連動画の再生回数が、3月には6億回を突破する人気となりました。

Everybodyとは

コンビ名Everybody(エビバディ)は、「みんな」という意味がありますよね。みんなを明るく元気にしてくれるようなコンビといえるでしょう。

タクトOK!!(本名:久保田拓人)は、1986年7月15日生まれ、熊本県八代市出身です。ナインティナインの岡村隆史に憧れて、芸人の道に進んだので、褒められて本当にうれしかったことでしょう。

かわなみchoy?(本名:非公表)は、1994年2月1日生まれ、神奈川県横浜市出身です。NSC東京校で2009年と2012年に学んだ先輩後輩で、7歳年の差がある男女コンビ。

コンビ結成からは2年ほどですが、それぞれ芸歴は結構長いので、ブレイクの大きなチャンスを掴んでほしいですね。

 

ついにCMにも登場

日清ヨークの乳酸菌飲料「ピルクル400」のCMに起用され、2021年5月10日から放送されています。「腸内環境の改善にクリティカルヒット」というキャッチコピーで、元気がもらえるようなCMになっています。

クリティカルヒットはとてもいいフレーズですね。これからもいろいろなシーンで使われて、2021年の流行語の候補のひとつになる可能性もあるでしょう。

吉本興業公式サイト:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=7254



関連記事一覧