「ガイア」清春の歌詞の意味と曲から感じるメッセージについて

「ガイア」清春の歌詞の意味と曲から感じるメッセージについて

「ガイア」清春の歌詞の意味については、デジタルシングルの3連続リリースの第一弾でもあるため、注目したいところです。

今回は「ガイア」清春の歌詞の意味、そして込められたメッセージについてお伝えしていきましょう。



魅力的な曲に

アレンジとギターに佐藤タイジ、そしてドラムにはkatsuma(coldrain)を迎えた「ガイア」は、とても魅力的な曲になっています。

このシングルにカップリングを追加収録したCDが、誕生日前日ライヴの会場限定にて販売されました。

オンラインライヴを開催しつづけてきた清春。その清春の52歳最後のパフォーマンスとして、その世界に浸りたいですね。

歌詞の意味について

大切な人が去ってしまった夜から、次に来る朝が明るいものであることを願っているのです。

でもそれはきっと難しいように感じているのでしょう。でも傷ついたとしても、きっと消えるものなのです。

消えてしまうことだと思えるのでしょう。来る夜について、輝くものであってほしいのです。

苦しいと感じると、人は今までに好きだった旋律を歌うのです。きっと穏やかな時が訪れると、その瞬間を待ちながら。

景色を思い出す時もあるのです。月を遠くに感じながら、影が欠けているように見えるのです。夜空を見上げながら、心の中の自分と向き合っているのかもしれません。

 

曲から感じるメッセージについて

壮大でとても美しい曲になっています。感覚を大切にしながら歌っていることを感じて、心に響く人も多いのではないでしょうか。

元々表現力の高い清春ですが、この曲の中には更にメッセージを込めて表現をしていることが伝わってきます。

大切な存在が近くにいない、そして心の中には明るい日々を願う思いもあるのです。でもこれが叶わないように感じて、月の光に包まれながら心が癒されていくのを感じるのでしょう。

この時間の中で、取り戻せるものもあるのです。そしてこれは自分にしか分からない、とても大切なものかもしれません。

この存在について、曲を聴きながら思い浮かべる人もいるでしょう。必ず光はある、そして大切な旋律をこれからも歌っていくのです。

 

異世界の中へ

ガイアに向けて、伝えたい思いがあるようにも感じます。もしくは自分の中で、大切にしたい思いがあり、抱きしめている姿もイメージできる曲。

まるで異世界にいるように感じます。異空間に連れて行ってくれる曲になっているのは、この世界が清春にしか創ることのできない場所だからかもしれません。

この曲を聴いて、心の中の思いと向き合うことができるように感じます。



関連記事一覧