清水翔太「恋唄」の歌詞の意味と曲の魅力を分析!

清水翔太「恋唄」の歌詞の意味と曲の魅力を分析!

清水翔太の「恋唄」の歌詞の意味については、半年ぶりとなる新曲でもあり、切ないラブソングのため興味深いですよね。

今回は清水翔太「恋唄」の歌詞の意味、そして曲の魅力についても分析をしていきましょう。



MVについて

「恋唄」のMVが公開されました。このMVは「My Boo」「Damage」などの清水翔太の代表曲のMVを手掛けてきた、大久保拓朗が監督を務めているのです。

寂しさや切なさ、そして日常が続いていく姿を表現した内容になっています。このためMVについてもしっかりチェックしておきたいですね。

歌詞の意味について

大切な人を理解しようとして、いつも努力をしてきたのです。でもその分、苦しみもあったと感じているのでしょう。

でもとても愛情を強く持っていたのです。それについても自分で理解をしているのです。だから、このように傷つくことさえ覚悟していたのでしょう。

優しさを感じて、それがとても輝いて見えたのです。その姿を見て、自分が変わることができたと思っている曲の中の主人公。

自分自身の生活について、きっと大切な人と会う前から少しだけ変化があったように感じるのです。

近いようで本当はとても遠い恋愛だったと気づいたのです。そしてこの遠さを、今は噛みしめているのでしょう。

大切な相手を愛することも、愛されることもこれからはないのです。分かっていても気持ちの整理ができない。

味を感じられない朝食を済ませて、いつものように仕事に向かわなければならないのです。傍にいると感じられた時には、怖いものがないように思えていたのでしょう。

でも失ってからは、自分がどんなに弱いのかを知ったのです。嘘をついて怒られたような時もあったと思い返しながら。

でもこれからは悩むこともなく、相手から困らせられることもない。でもこれをとても寂しいと、感じるのでしょう。

一人でいると楽しかった思い出さえ、くだらないものに思えてしまう。大切な人なのに救えなかったのは、自分の弱さが理由かもしれない。だからこれからは、優しい人と一緒にいてほしいと願うのです。

気持ちを切り替えたいと思いながら、それが出来ないままなのです。それでも別れを受け入れるしかないのでしょう。

 

寂しくても前を向かなければならない時も

思い出にはまだできないと感じるとしても、それでも前を向くしかないのです。これを分かっていても、割り切れない時が人にはあるもの。

このような時は、過去を振り返りながら少し時間をかける必要があるのかもしれません。無理に前を向こうとしなくても、きっと自然にそれが出来ていると感じられる時がくるはずです。



関連記事一覧