EGOISTの「絶体絶命」の歌詞の意味と魅力を感じる理由とは

EGOISTの「絶体絶命」の歌詞の意味と魅力を感じる理由とは

EGOIST「絶体絶命」の歌詞の意味については、約1年ぶりとなる新曲でもあるため、チェックをしておきたいところ。

どこか神々しさと魅力を感じる曲と歌声が印象的ですね。今回はEGOIST「絶体絶命」の歌詞の意味と、魅力を感じる理由について深く触れていきましょう。



作曲について

この曲は前作の「最後の花弁(The meaning of love)」と同様に、様々な音楽ゲームに楽曲提供をしているM2Uによる書き下ろし作品です。

そしてスマホのゲーム「アズールレーン」の簡体字版リリース4周年記念の主題歌としても、注目を集めているのです。

EGOISTとは

EGOISTというのは、アニメ「ギルティクラウン」の作品の中のryoがプロデュースをしている架空のアーティストです。

ヴォーカルchellyは、2000人を超える応募者の中から選ばれたのです。今後の活躍がとても楽しみですね。

 

歌詞について

美しい星がひと回りした時に、数えてみたのです。でも自分の前には、小さな拳だけの状態。振り返った時に、思い出すことがあるのです。それはたったひとつのもの。

数えてみると、きっと見つかるはず。奏でた歌は終わりだと思っていたけれど、実は始まりだったのでしょう。

運命について感じることがあり、時間にも思うところがあるのです。でもきっと明日に対して、どこか危うさを感じているのでしょう。

花びらが美しく舞っている。でもきっとそれは散ってしまうものなのです。この中で香りを求める自分がいるのです。

自分の中の本当の思い、それがあると信じているのでしょう。きっと自分を救ってくれるはずだと、願っているのです。

紡いできたのはこれまでの日々。でもその絆さえも、なぜか寂しく感じるのです。ずっと大切にしてきた過去については、あることをきっかけにきっと未来に変わるでしょう。

近いものだと思いたい、でもこう考えるのが許されないのが運命と時間なのかもしれません。だからこそもう自分には、後がないように思っているのです。

明日に対して、不安な気持ちがあるのかもしれません。愛を知りたい、でもその前には自分自身が強さを持つ必要があるとわかっているのです。

大切な人には、近くにいてほしいのです。自分がそっと目を閉じる前に、存在を確認したいのでしょう。

 

神秘的な雰囲気が魅力的

とても神秘的な曲とボーカルに、引き込まれると感じる人は多いですよね。そこには儚いけれど、どこか強さを感じる世界が広がっているのです。

水の中をゆらゆらと揺れるように、心の中で聴くことができる心地よさのある曲でしょう。そっとこの世界に、心を任せてみる時間があってもよいかもしれません。



関連記事一覧