「優しさの剣」Novelbrightの歌詞の意味とドラマとの関連性について

「優しさの剣」Novelbrightの歌詞の意味とドラマとの関連性について

「優しさの剣」Novelbrightの歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあることから、どのようなメッセージが込められているのか理解しておきたいですよね。

今回は「優しさの剣」Novelbrightの歌詞の意味、そしてドラマとの関連性について詳しく見ていきましょう。



ドラマについて

「優しさの剣」は「漂着者」というドラマの主題歌です。このドラマは秋元康が企画と原作を担当して、斎藤工が主演を務めているもの。

このドラマのために書き下ろされたのが「優しさの剣」なのです。ドラマの内容と曲の歌詞がリンクすると感じる人は多いはず。この曲がドラマにとても合っていますよね。

歌詞の意味について

まるで夢をみていたように感じるのです。戦うしかないと感じながら道を歩んできたのでしょう。

でも悲しいという思いが、心の中に溢れているのです。穏やかな時間や場所を必要としている、でも果たして先に行けば見つかるのでしょうか。

とても多くの間違いがあると感じても、抜け出せるのかは分からないのです。でも自分の中の愛が光となり、照らしている。だから夜が明けるという確信を持てるのです。

誰でも本当は自分の中に、強さを持っているはず。これが武器となり、自分の中の不安をなくしてくれるのです。

大切な人と手をつなぎ、寄り添うことができたのなら朝陽がきっと二人を照らしてくれるでしょう。

理想を持ちながらも、現実を生き続ける日々。この中には迷いもたくさんあるのです。でも答えはどこかにあるはず、こう思いながら歩んでいくしかないのでしょう。

世の中には勝負しかないと、感じる時もあるのです。いつしか心が削られていくように思うのでしょう。

風を感じながら、自分の中の愛を届けたい思いがあるのです。悲しい夜があったとしても、自分はひとりではないと思うことができる。

こう感じると自分は動くことができるのです。生きる意味が分からないと思っていた自分だったけれど、やっと意味を見つけられたのです。

大切な人との未来をこれからは描いていくのです。それがどんな形になったとしても、信じられる存在がいるのなら、歩んでいけると感じるのでしょう。

 

本当に大切なものは何?

自分の心の中に本当はとても強い、そして優しいものがあるのかもしれません。でもこのことに気が付けないまま、時が過ぎていく時もあるでしょう。

この曲を聴くと勇気をもらえると感じられるのです。そしてこれからも歩んでいけると、確信を持てるようになれるでしょう。これは優しさのエネルギーからくるものかもしれません。



関連記事一覧