きゃない「花火」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

きゃない「花火」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

きゃない「花火」の歌詞の意味についてはファンの間でも人気のあるミディアムバラードなので、内容について深く知っておきたい人も多いですよね。

今回はきゃない「花火」の歌詞の意味と、曲から感じるメッセージについて詳しくお伝えしていきましょう。



「バニラ」が大ヒット

「きゃない」は2022年3月にリリースした「バニラ」がBillboard JAPNのストリーミング累計1億回再生突破、そして『Heatseekers songs 2022』年間1位、その他にもLINE MUSICトレンドアワー受賞など。

そして2023年の新たな年の始まりに、「花火」にて活動を再開します。

 

MVについて

YouTubeでプレミア公開されるMVには、YouTuberばんばんざい流那と、俳優の映画監督の須藤蓮が抜擢されました。

そして曲に込められた花火が咲いた瞬間だけではなく、その過程にも意味があり大切にしたいという思いと儚さが表現されているのです。

冬の季節にもマッチする曲

「花火」は路上ライブ時代から歌い続けてきたオリジナル楽曲。そしてファンの間でも人気のある曲です。

温かみのあるアコースティックギターが印象的。そして切なさが溢れる歌声でもあるので冬の季節にもマッチする曲になっているのです。

 

「花火」の歌詞の意味について

この街はなぜか寂しさを感じて、欠けたような気持ちになるのです。懐かしい匂いを感じて、惑い間違えてしまった恋の記憶。

なんでもない日が続けばいいと、隣にいた人が言ったことを思い出しているのです。花火が上がり、嘘のように花びらが消えてしまう。

そして煙をかき消して次の火種が燃えるのです。少し悲しくなり喜ぶことができない自分の思いがあるのです。傷や痛みさえもなかったように、咲く花火を見ながら。

無邪気な自分もいたかもしれません。でも汚れてしまった右手を見る時も。変わったのは自分だった、いつしか感情を無くしていくのです。

こんな時に、あの人ならどのようにしてごまかせるのだろうと考えるのでしょう。何でもないあの頃、その時に帰りたくなる時もあるのです。

花火が上がり嘘のように消えてしまう花びらが見える。煙をかき消して次の火種が燃えて。これを見ながら少し悲しくなる、喜ぶことができないのです。

傷や痛みが無かったように咲いていると感じるから。大切だと感じた人との出会い、それが無かったように咲いているように思うから。

 

何を残し何を捨てるのか

「きゃない」の「花火」に対してのコメントには、様々な思いが表現されています。積み上げてきたあらゆる場面、この中には感情が確かにあるのです。でもその中で何かを拾って捨てるのでしょう。

古いものを捨てて新しいものに手を伸ばしたことも。どのような環境でも、いつしか取捨選択を求められているように感じるのです。

でもこの過程において手放してしまった人や物がある、手放したからこそ手にした誰かや何かも。

「花火」は過去に捨ててしまった、そして捨てられたり捨てるしかなかったりした自分の失った全てに対しての思い出を歌っているのです。

どのような感情もそして思いや出来事のどれがひとつでも欠けていたとしたら、今の自分がいない、このように感じながら聴いてほしいと話しているのです。

 

大切な思いを感じる曲に

自分の中の感情に戸惑いを覚えたり、これでいいと感じたり。そのような中でも日々を過ごしてきたという思いがあるのでしょう。

過去を振り返る時、ごまかしたいけれどこれが難しいと感じる時も。でも無理に忘れることなどないのです。

今の自分がいるのは、これまでの思いや出来事があったから。そう思うことによりこれから先も、ゆっくりと無理をせずに歩んでいこうと思えるかもしれません。

こうでなければならない、そう思わなくてもいいから今を大切に歩もうと曲を聴いて感じられるでしょう。

 

☆こちらの曲もお勧めです!

>>>Sonar Pocket「Hit the Road」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について



関連記事一覧