20th Century「水曜日」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

20th Century「水曜日」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

20th Century「水曜日」の歌詞の意味については、トニセンの新曲でもあるため知りたい人も多いのでは。

曲から感じるメッセージについても、歌唱力や表現力の素晴らしい彼らだから伝わるものも。では今回は20th Century「水曜日」の歌詞の意味と、曲の魅力について詳しくお伝えしていきましょう。



ミツメとのコラボ

2022年5月に「夢の島セレナーデ」、8月に「風に預けて」を配信リリースしたトニセン。そして新曲「水曜日」は、ミツメの提供曲です。

ミツメというのは東京を中心に活動するバンドです。バンド名を省略されたくないから、3文字にしたのがバンド名の由来です。

独特な感性によりファンに熱く支持されているバンドでしょう。彼らの音楽に触れた人は、馴染やすさを感じることが多いはずです。

トニセンとは個人的な付き合いはないのですが、気になるアーティスト名を出し合った時に「ミツメさんいいよね」という話になったそう。

水曜日と言えば週の真ん中ですよね。だから週の後半に向かい進もうというメッセージが、曲の中に込められているのでしょう。

「水曜日」の歌詞の意味について

週の半ばの水曜日になると、少し足取りが軽くなるのです。気がかりだと感じる仕事が終わったのなら、ゆっくりと休めばいい。

大人になることが不安だと思っていた時期もあったのです。でもいつの間にか楽しいと思える時も。実際には大人になってみないと、分からないことだったのかもしれません。

分かれ道があると迷いも生じるけれど、遠回りを何度もしながら巡り会えた大切な人との今という時間があるのでしょう。

シャツを着替えて、今日という日が始まるのです。前に進みたい、きっと素敵な日になると信じたい。

どんな毎日だとしても、焦らずにいたい思いがあるのでしょう。朝と夜についても、二度と同じ日は来ないと思うことで、大切に過ごせるようになるはずです。

手がかりはなくても、答えを探していきたいのです。とても忙しい日々の隙間の中にも、出会えたこの奇跡を感じるのでしょう。

星の軌道は離れて、そして近づくものです。遠くに大切な人が見える、それでも変わらずに想い続けているのでしょう。

大切な人の声を聞きたい思いがあるのでしょう。どんな月曜日を過ごしたのか、そして昨日の火曜日を超えたいのです。

どんな毎日だとしても、声を聞きたいのです。朝も夜も二度と同じ日はない、そう考えると素敵な今日だと思えるのでしょう。

 

心に寄り添ってくれる曲

月曜は憂鬱だと思う人は多いですよね。でもどんな月曜だったのかと聞いてくれる人がいるのなら、また違った感覚になるかもしれません。

そして乗り越えながら、水曜日になるのです。まだ半分ではあるのですが、木曜日からまた楽しめるような自分でいたい思いがあるのでしょう。

水曜日はこういう日であってほしい、そう伝えてくれている曲になっているのです。

 

曜日を楽しめる日々に

曜日は当然のように巡ってくるものです。でも朝も夜も同じ日は二度とないと思うようにすると、その時々を楽しみたいと考えられるようになることも。

そしてこれから先の自分に訪れる時間を、きっと大切にしていけるようになるでしょう。当然だと思っていた日々も、一緒に語り合えるような相手がいてくれたとしたら。

そして曜日についても、振り返ったり先を見るようにしたりしながら過ごしていけるのは素敵なことですよね。そんな風に思わせてくれる、とても魅力的な曲になっているのです。

 

二度とない時間を大切に過ごす

優しくて温かみを感じる歌声に、今週も穏やかに過ごしていこうと曲を聴いた人は思うことができるはずです。

二度とない今をどう過ごすのか、それがとても重要ですよね。それについて教えてくれる曲にもなっているのでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>8LOOM「君の花になる」の歌詞の意味とドラマとの関連性



関連記事一覧