Omoinotake「空蝉」の歌詞の意味と曲に込められたメッセージ

Omoinotake「空蝉」の歌詞の意味と曲に込められたメッセージ

Omoinotake「空蝉」の歌詞の意味については、新曲でもあることから内容について注目していきたいですね。

夏の魅力を感じさせるとても魅力的な曲です。今回はOmoinotake「空蝉」の歌詞の意味と、曲から感じるメッセージについて、詳しくお伝えしていきましょう。



Omoinotakeの楽曲について

メジャーデビュー作「EVERBLUE」はアニメ『ブルーピリオド』のオープニングテーマです。そして心温まるラブソングの「心音」は、映画『チェリまほTHE MOVIE』の主題歌に。

そしてこれらに続いてOmoinotakeが届けてくれるのが「空蝉」なのです。熱さを感じるリズムに、切ない歌声が響くラブソングになっているのでとても興味深いですね。

MVについて

unitedloungeの鈴木利幸がディレクションしたMVは、MV初出演の新人俳優の天野翔愛と朝田優杏が出演しています。

美しい映像と共に、「踊れて泣ける」作品として魅力的な仕上がりになっているので、是非チェックしたいですね。

 

「空蝉」の歌詞の意味

蝉が鳴くのを止めた、そう感じた時に二人は走り出したのです。天気予報は今日も外れてしまった。大切な人の靴は水たまりを踏みながら、それでも歩いていくのでしょう。

でもこのような中で水が弾けている景色さえも、美しいと感じるのです。雨に濡れてしまいシャツは張り付いて乾くことがないのです。これはまるで自分からの好きな人への愛情のよう。

そして蝉が鳴き始めたので、自分たちはまた歩き始めるのです。でも本当はこのままずっと二人で雨宿りをしたい気持ちもあったのでしょう。

水たまりを避けながら歩く、自分のスニーカー。既に濡れているというのに、なぜ避けようとするのか自分でも不思議な気持ちに。二人でバス停にて待っているのです。その時になぜか、ほろ苦い夏草の香りがするのでしょう。

今日も伝えたいことが言えなかった。そして空は赤色になっていくのです。熱い気持ちで耳たぶが火照ってしまう。

こんな時にも風は止み、まるで土の中にいるような眠りにくい夜がやってくるのを感じるのでしょう。

好きな気持ちを本当は伝えたいのです。誰よりも好きだというこの感情を。でも窓辺にて口にしたところで、夏の夜の雨の音に消されてしまうのでしょう。

蝉の抜け殻を見つめていたのです。汗をぬぐい大切な人が立ち止まった、そして鞄から出したのは同じレモンティーだったのです。

このようなことさえも、まるで運命のように感じるのです。細いストローを噛みしめながら、見つめる横顔は、なぜかとても甘酸っぱくて苦みがあるもの。

今日こそは言わなければと思いながら、長い影に向かって手を伸ばすのでしょう。そうするとやっと指先が触れたのです。

そして二人は向き合うことができた。まるで生まれ変わったように、そして羽化をしたような気持ちで伝えられるのでしょう。

とても好きで、誰よりも大切に思う気持ち。声が枯れたとしても、何度でも同じ場所にて叫びたいのです。

本当に好きな相手に対して、気持ちを表現したいのです。だからどうか夏の夜の雨の音に消されてしまう前に、その答えを聞かせてほしいと願っているのでしょう。

 

好きな人への切ない想い

季節ごとに恋愛の場面には違いがありますよね。そして夏の恋はどこか刹那的なもののように感じます。

でもどうしても伝えたい気持ちがあるのなら、やはりここで諦めたくないという熱い感情があるのでしょう。

もし諦めてしまったら、この夏はこれで終わってしまうように思うのです。でも勇気を出すことができたとしたら、ここからまた進めるようになるかもしれない。

自分の中で不安や迷いがあったとしても、確かなものがあるのです。それについては示したい思いがあるのでしょう。そして自分ならこれができるはず。

こう思えるのは自分を信じているから。大切な人を想いながらそして季節を感じながら、聴きたいとても素晴らしい曲になっていますよね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてね!

>>>King Gnu「雨燦々」の歌詞の意味とドラマとの関連性



関連記事一覧