King Gnu「雨燦々」の歌詞の意味とドラマとの関連性

King Gnu「雨燦々」の歌詞の意味とドラマとの関連性

King Gnu「雨燦々」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため内容を把握しておきたいところ。

今回はKing Gnu「雨燦々」の歌詞の意味、そしてドラマとの関連性について詳しくお伝えしていきましょう。



ドラマについて

King Gnu「雨燦々」が主題歌になっているドラマは「オールドルーキー」です。綾野剛が主演している日曜ドラマ。

ドラマの内容としては、サッカーの日本に代表を務めていた主人公が、チームの解散により現役引退を余儀なくされてしまうところから始まります。

新しい職を探しても、なかなか見つからずに家庭環境が悪くなっていくことに。そんな時に声をかけてもらい、スポーツマネジメント会社にて働くようになるのです。セカンドキャリアで社会人として、精一杯生きる主人公の物語と言えるでしょう。

歌詞の意味について

時代が変わっていく、でも選んでいくことが大切なのです。割り切れないと思ったとしても、この瞬間を生きていくのです。何となく手応えさえ感じない、今日という日であっても。

雨が降り続く中、悩み迷いながら生きる自分たちの悲しみ。でもこれはきっと水に流れていくものなのです。

自転車は錆びているかもしれない、でも大切な人の元へ向かうことができるのです。だから雨に濡れながら走れるのでしょう。

これからかなりの雨が降るとニュースで聞いたのです。でも傘を忘れてしまったので、ショックを受けてため息をつくことも。

でもきっと夕立が連れてくる夏の匂いに、この思いさえ解かせるのでしょう。過去への憂い、それが雲となって雨の強さを感じる時も。

でも気持ちが楽になるまで叫べばいい。声が雨に消されて誰にも届かなくても構わないのです。もう手遅れかもしれない未来だと感じたとしても。

このバトンを待っている人は必ずいるのです。雨が自分たちの辛さもきっと流してくれる。線路沿いで風を感じながら、大切な人へと向かうのです。雨に濡れたとしても、大丈夫だと思えるのでしょう。

雨が降ることで、夏の自分たちを思い出させるのです。夏を泳いでいた自分たちを懐かしむ時もあるでしょう。

太陽に伝えたいのは、自分たちを導いてほしいという思い。未来への言葉は、風になり森さえも突き抜けていけるのです。

割り切れないと思っても、生き抜いていくことはできる。何度も現実へと戻るような思いになるとしても。

この道はとても走りにくいかもしれない。でもきっと降る雨は、辛さを感じながら生きる自分たちの悲しみを流してくれるでしょう。

錆びた自転車でも走ることができるのです。だから大切な人の元へと向かえるでしょう。雨に濡れたとしても、きっと走り続けられるはず。

 

ドラマとの関連性

曲の中に出てくる錆びついた自転車というのは、37歳からセカンドキャリアを生きるドラマの主人公のことかもしれません。

雨が降るような時でも、その錆びた自転車で走っていけるのは待ってくれている人がいるからでしょう。

思い通りに行かないと感じる時があっても、前を向いて進んでいけるのです。これまでに積み上げてきた大切なものが、一瞬で崩れてしまったドラマの主人公。

その心の中には雲が広がり、雨が降っているのでしょう。でもこの状態であっても、叫ぶことができるのです。

そして気持ちが少しでも軽くなったのなら、そこからまたきっと進んでいくことができるでしょう。

 

諦めない思いを持てる曲に

諦めそうになる、それは雨が降り注ぐからかもしれません。それでも進んでいくことは、きっとできるのです。

この曲を聴くことにより、諦めそうになっても雨に濡れながら前に進めると感じる人は多いのではないでしょうか。

大切な人たちのために、強くなれると感じる時があるはずです。このことを曲の中で教えてくれているので、聴くことにより辛い日々を乗り越えていけるかもしれません。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>ヨルシカ「ブレーメン」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ



関連記事一覧