ナオト・インティライミ「Rule」の歌詞の意味と曲の魅力とは

ナオト・インティライミ「Rule」の歌詞の意味と曲の魅力とは

ナオト・インティライミ「Rule」の歌詞の意味については、今までのテイストとはかなり違う雰囲気なのでとても興味深いですね。

今回はナオト・インティライミ「Rule」の歌詞の意味と曲の魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



ニューアルバムについて

2022年11月30日には、ニューアルバム「虹色∞オクターブ」が発売されます。こちらのアルバムにも収録されているのが「Rule」。

80年代のシンセポップサウンドを取り入れた、ナオト・インティライミにとっては新境地となる曲と言えるでしょう。

リリックビデオでは曲の持つ疾走感やシリアスな雰囲気が表現されているので、こちらについてもチェックしておきたいですね。

「Rule」の歌詞の意味について

これ以上二人が一緒にいることで、馴れ合いのようになってしまうのです。そして結果として邪魔だと感じるようになるかもしれない。

お互いにうまくやりとりができない、こう理解をしていても本音で向き合うことに対しては怖いように思っているのです。

浮かんだり消えたりして、上手くいくような光。でもこれを見ながら、もうやめてしまいたいバカらしいように感じる思いが交錯しているのです。

もうこれ以上はいいように思うのでしょう。なぜならできることは、自分なりにもうしたのだから。自分としては、満足したい思いもあるのでしょう。

触れてほしくないのです。これ以上自分の弱い部分に対して。大切な人だと思っていても、これ以上関係性は変わらないように思うのでしょう。

そう思っているのに、馴れ合いのままでいるのはよくない気がしているのです。邪魔になりたくないから。

朝に後悔をする時もあるのでしょう。でもそんなものは、ゴミと一緒に捨ててしまいたいのです。

でもなぜかとても辛い気持ちがあるのでしょう。これはなんだろうと自分で考えているのです。まるで悪夢のよう、でもきっと喜劇なのでしょう。

浮かんだり消えたりしていく、そして消えていってしまうのです。とてもあっけなく感じる自分がいるのでしょう。なんだか皮肉なようにも思っているのです。

嘘をついた時に、手がかりはいつも心臓の右の奥にあるのです。不協和音であっても愛することができたらいいのに。

触れないでほしいのです。自分の弱い部分があるから。大切な人となぜかうまくいかない、変わらないままなのでしょう。

そして簡単にはきっと分かり合える状態ではないのです。もし抱き合ったとしても、きっと距離のあるままのように思えるのです。

 

懐かしさと新鮮さのある曲に

懐かしさもあり、その中に新鮮さもあるというとても不思議な魅力のある曲です。そして疾走感の中で、切なさも伝わってきますよね。

きっと今の心の中は、とても複雑で苦しいものなのでしょう。でもこのままでいてもいい、そう思う気持ちもあるはず。

自分の中の心の葛藤と戦っているのか、それとも受け入れようとしているのか。曲の中の主人公の思いを想像すると、胸が熱くなる曲になっているのです。

 

ノリのよさも魅力に

この曲はとてもノリがよいので、それも曲の魅力になっているのでしょう。一度聴くと心に残る歌詞の内容にもなっているのです。

シンセサイザーの光る音の雰囲気が、とても印象的ですね。そしてこの中でもがいている、曲の中の主人公の心を想像することができるでしょう。

恋や愛は一言で語ることはできないものです。だからこそ、こうすればいいとすぐには決められない時もあるのでしょう。

でもこのままではお互いによくない、だから離れた方がいいのだろうかという思い悩む気持ち。この曲のように疾走感を持った、愛情が実は心の中にあるのかもしれません。

これについて感じると、より深くこの曲を知っていきたくなりますよね。アップテンポでノリがいいので、夜のドライブなどにもとても合う曲だと感じます。

 

☆こちらの記事もチェック!

>>>高橋優「勿忘草」の歌詞の意味と曲から感じる魅力とは



関連記事一覧