ヨルシカの春泥棒の歌詞の意味と曲の魅力とは

ヨルシカの春泥棒の歌詞の意味と曲の魅力とは

ヨルシカの春泥棒の歌詞の意味については、春を感じさせる曲なのかなというイメージもあり、知ってみたい人も多いのではないでしょうか。

この曲はCMソングとしてもオンエアされているのです。今回はヨルシカの春泥棒と歌詞の意味、そして楽曲の魅力についてお伝えしていきましょう。



CMについて

ヨルシカの春泥棒は2020年3月から、大成建設のCMソングとして使用されています。MVについては、森江康太監督とのタッグによる作品になっています。

アルバム「盗作」で語られた物語の主人公の男性の姿を追う内容が、描かれているところも注目したいですね。

歌詞の意味について

日常の生活のなかで、ふと青空を見ることもあるのです。暑さを感じて、風を待つ曲の中の主人公。

木のかげに座って、頬に何かがつくのを感じるのです。それは頭の上に、美しく咲いて散る花。瞬きをするのがもったいないくらいに、息をするのも忘れてしまうぐらいに見つめているのでしょう。

今日も明日に変わっていくように思えるのです。だから風を待ちたい気持ちに更になれるのでしょう。花が降り、まるで春に包まれているような時間を味わっているのです。

次の日も、待ち合わせをして会うことになりましたが、お花見をしている人たちが少なくなったように感じるのです。

そろそろ春が終わるのかもしれないと思う主人公。夏がやってくるように思うのでしょう。

進んでいく中で道の先を大切な人が見て、残りはどのくらいかとそして春に会えるのはいつまでかと考えるのです。

お気に入りにしているような場所。そしてまた昨日と同じように、今日も咲いている花を見て心が落ち着いたり、はやるような気持ちになったりするのでしょう。

普段は特に気にしていなかった景色が、ある日突然気になりとても貴重なものになることがあります。

この嵐に対しても同じように思うのでしょう。風が吹くと、今日という日や時が流れていくように感じるのです。

このままここに座っていたい。それは春に包まれていたいからなのでしょう。空を見て桜を見ている自分がいるのです。

でも名残惜しいけれど、春はきっともうすぐ終わってしまう。言葉に表現したい思いがあったとしても、うまくいかない時がありますよね。

でも花の美しさに対して、言葉が必要ないように思えるのです。もう少しだけ春のままでいてほしい、このまま時間を過ごさせてほしい気持ちがあるのでしょう。

 

春を強く感じる曲

何げなく訪れる季節でも、実はとても意味があるものかもしれないと、曲を聴いていて思うことができるのです。実際に自分も春を感じてみたくなる、そんな曲とも言えるでしょう。



関連記事一覧