「“0”」浪川大輔の歌詞の意味と魅力あふれる曲を分析!

「“0”」浪川大輔の歌詞の意味と魅力あふれる曲を分析!

「“0”」浪川大輔の歌詞の意味については、長い年月ファンが待っていたセカンドアルバムの曲でもあるため、把握をしておきたいところ。

今回は「“0”」浪川大輔の歌詞の意味と、曲の持つ魅力について詳しくお伝えしていきます。



様々なフィールドにて活躍!

子役時代から声優として活躍をしている浪川大輔。アニメや洋画などの吹き替えもしているかなり実力のある存在です。

そして音楽活動もおこなっている中で、2014年以来6年ぶりとなるアルバム「Ruts」を今回リリースしたのです。

豪華版と通常版として販売されていますので、ぜひ両方揃えて堪能したいですね。

歌詞の意味について

霧の中に、光を感じそして音があったように思えたのです。色はとても美しく、新しいイメージのもの。

星が輝いているこの夜に、また生まれ変わることができるのでしょう。でも今までは白かった壁でも、黒くなってしまうのです。

洗ったばかりのシャツは、気づけばシワができてしまう。こう考えると美しさは持続しないように思えるのです。

そんな時でも言葉を知らなかった頃から、始めてみることをイメージしたいのです。そうすると空に向かって、素直な自分を見せられるようになるかもしれません。

大切にしたい言葉についても、思い出せる自分になれると感じるのでしょう。ひとつひとつ積んでいくものがあるのです。

この中に必要のない存在などないのでしょう。どれも大切な色なのです。生まれた時が0だとしたら、1になるように動いていきたいのです。

心の中に忘れたくない思いを抱えながら、色によって未来を描いていきたいのでしょう。きっと自分ならできると感じるのです。

分かりにくいと思うような世界があるけれど、先には何かが見えているのです。でも触らずに、違うと思い込んでしまうことも。

このような時でも、決して恐れることはないのです。どのようにして歩んだとしても、きっと自分の道になるのだから。

生まれた時のありのままの自分になり、日々を生きていきたいのです。いつでもスタートできるように感じているのでしょう。

 

いつからでも始められる!

スタートすることが難しいと感じた時には、いつからでも始められると思うようにすると気持ちが楽になるはずです。

本当はそれができるのに、不安な気持ちの方が強いのでしょう。でも勇気を出せば大切なものを守りながら、生まれ変わったようにして生きることもできるのです。

無駄なものや意味のない存在などなく、諦めずに進もうと思わせてくれる曲の内容になっていると言えるでしょう。



関連記事一覧