三宅健がソロで10月CDデビューとツアー!V6解散から約1年

三宅健がソロで10月CDデビューとツアー!V6解散から約1年

三宅健がソロアーティストとして、2022年10月5日にデビューすることがジャニーズ事務所から発表されて話題になっています。V6が解散して残念に感じていたたくさんのファンにとって、とても嬉しいニュースですね。

今回は、三宅健にスポットライトを当ててみましょう。



三宅健がソロアーティスト活動

アイドルグループ「V6」は、2021年11月1日に解散して6人での活動は終了しました。11月1日は26年前の1995年にCDデビューの記念日でもありました。

「20th Century(坂本昌行・長野博・井ノ原快彦)」は、5月23日に「夢の島セレナーデ」、8月1日に「風に預けて」のシングルを配信限定でリリース。音楽活動も継続しています。

「Coming Century(森田剛・三宅健・岡田准一)」は、森田剛のジャニーズ退所により活動終了。岡田准一は俳優業メインで活動していて、三宅健の活動状況を心配していたファンもいたのでは。三宅健のソロアーティスト活動の発表はとても嬉しいですね。

 

三宅健のソロデビューは10月5日

2022年10月5日に6曲の収録予定のミニアルバム「NEWWW」(ニュー)をCDリリースして、三宅健のソロアーティストとしての音楽活動がスタートします。

「NEWWW」のタイトルには、新しいことに挑戦したいという強い思いが感じられますね。生涯アイドルとしての決意や、アイドルの固定概念を一新し、新しい価値観を持ったアイドル像を目指す思いがあるようです。

10月12日から11月11日にかけて、全国ソロツアー「Ken Miyake NEWWW Live Tour 2022」が予定されています。東京・大阪の各2公演からスタートし、愛知・宮城・神奈川・兵庫・京都・福岡の順に各1公演、合計8か所10公演の予定です。

10月5日リリース収録曲に加えて、V6の楽曲も歌唱予定でとても楽しみ。ツアー期間中にV6解散1年を迎えるのも感慨深いですね。

 

三宅健の経歴について

三宅健は、1979年7月2日生まれで2022年に43歳になりました。神奈川県で生まれ、小学1年生の頃から母の実家がある香川県で育ちました。

中学2年生の1993年にジャニーズ事務所に入所しました。履歴書を送って数日後に当時のジャニー喜多川社長から直接電話をもらうというとてもレアなケースでした。ジャニーズJr.の頃から森田剛と「剛健コンビ」として注目されます。

V6結成前の構想時点で森田剛の名前がなく、三宅健が社長に意見して森田剛もメンバーに加わり、1995年にデビューしたというエピソードがあります。三宅健の男気のある熱い思いもあって、V6がアイドルグループとして一世を風靡することになったのです。

三宅健の今後の活動に注目

2018年には「KEN☆Tackey」としてタッキーこと滝沢秀明とユニットを結成して活動したこともありました。現在ジャニーズ事務所の副社長である滝沢秀明をサポートして盛り立てるひとりとして、三宅健の今後の活動に注目したいですね。

公式サイト:https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=58

 

☆こちらの記事もチェック!

>>>山中崇が朝ドラで人気上昇!理想の上司と話題の田良島デスク役



関連記事一覧