「笑ゥせぇるすまん」のあらすじと現代でも人気のある理由

「笑ゥせぇるすまん」のあらすじと現代でも人気のある理由

「笑ゥせぇるすまん」のあらすじについては、現代でも闇を感じながら教えを受けるような内容のため、興味深いと思う人は多いですよね。

喪黒福造のキャラクターが印象的でもあるこの作品。今回は「笑ゥせぇるすまん」のあらすじとアニメとしての魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



あらすじについて

この世の中には寂しさを感じている人がとても多く、心にも隙間を抱えているのです。このような中に、あるボランティアのセールスマンがいました。

彼は喪黒福造(もぐろふくぞう)という名前です。黒いスーツと帽子で歩く姿は、どこか不気味さを感じさせるもの。

その彼から名刺をもらい、心の隙間を埋めるための道に誘われる登場人物たちは、毎週オムニバスとして変わっていきます。

提供されたサービスが実行されて、実際に心の隙間が埋まることが多いです。ところがそのような状態は長く続かず、欲に勝てなかったり約束を破ったりしてしまう人たち。

この姿を見てペナルティが必要だと判断をして、喪黒福造が下すのは毎回どのようなことなのでしょうか。

主人公の喪黒福造とは?

喪黒福造は「笑ゥせぇるすまん」の主人公で、とてもミステリアスな人物。セールスマンとして「人間のココロ」を取り扱っていて、お客の「ココロのスキマ」をボランティアで埋めることを仕事としています。

喪黒自身はBAR「魔の巣」の常連客で、そこにやってきた人物に名刺を渡し、セールスを持ちかけることが多いようですね。お客は喪黒が提供した特殊なサービスにはまり、最終的に人生があらぬ方向へ行ってしまうケースが多いのです。

サービスの追加を要求してきたり、喪黒の忠告を聞かずに勝手な行動を起こしたりして、喪黒の決め台詞「ドーン!!!!」が言い放たれることとなります。

この「ドーン!!!!」というのは、約束を破ったお客にペナルティを科す際に言い放つことが多いのですが、優柔不断なお客に活を入れるための言葉であることも。

様々なお客に喪黒なりの形で寄り添っているので、毎話見逃せないものとなっています。

 

人間社会の様々な面を描く作品

「笑ゥせぇるすまん」はコミック作品が原作でありつつ、TVアニメ、ドラマなどにもなったことがあります。中でもアニメについては1989年から1992年まで全127話の放送がされたり、「笑ゥせぇるすまんNEW」と題して2017年春より新たに放送されたりしていて、とても人気がありました。

「笑ゥせぇるすまん」は、人間社会の様々な面を事細かに描いている作品といえるでしょう。自分の身近では聞いたことがないような生活様式、人生観なども覗くことができ、こうはならないように…と気を引き締める視聴者もいるかもしれません。

「笑ゥせぇるすまん」はかなり前の作品と思われがちなのですが、YouTubeチャンネル「笑ゥせぇるすまん 公式チャンネル【デジタルリマスター版】」より多くのエピソードが公開されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

☆こちらの記事もチェック!

>>>「ヒーローダイス」のゲームの内容を知ってみよう!配信はいつ?



関連記事一覧