「妻、小学生になる。」のドラマが好評!切なくもあたたかいストーリー

「妻、小学生になる。」のドラマが好評!切なくもあたたかいストーリー

「妻、小学生になる。」がTVドラマ化したことで話題になっています。こちらは村田椰融によるコミック作品のイメージが強いという人も多いですよね。

ストーリーを詳しく知らない人からすれば、妻がどういう経緯で小学生の姿になってしまうのか、とても気になるはずです。今回は「妻、小学生になる。」のドラマの内容やキャストなど、知りたい情報をまとめてご紹介していきましょう。



「妻、小学生になる。」のあらすじ

主人公・新島圭介(にいじまけいすけ)は会社員で愛妻家の男性。10年前に最愛の妻・貴恵(たかえ)を亡くしてしまったことがきっかけで、無味乾燥な生活を送るしかありませんでした。

妻がそばにいない残りの人生のことを「余生」と考えている彼は、たった一人の家族であり娘の麻衣(まい)を大切に思ってはいるものの、上手く接することができずにいます。

同じ家に住んでいるにもかかわらず、心が通じ合っていない親子。そんなある日、見知らぬ少女が二人のもとを訪れるのです。

ランドセルを背負った彼女の名前は白石万理華(しらいしまりか)。なんと万理華は、貴恵が輪廻転生によって生まれ変わった存在のようなのです。

愛する妻に再び会えたことを喜ぶ圭介。しかし、喜びのあまり抱き合うなど、周囲に怪しまれてしまう行動が問題にもなっています。

もちろんのことながら小学生・白石万理華にも家庭がありますので、同居することはできないのです。新島家は今後どのような選択をするべきなのか、切なくもあたたかい、考えさせられるストーリーといえるでしょう。

登場人物とキャストについて

主人公・新島圭介役を務めるのは堤真一です。堅実な男性としてのイメージがとても強いため、今回の役どころも涙なしでは観られないかもしれません。

石田ゆり子演じる貴恵の夫であり、麻衣という20歳の女性の父親でもある圭介は、10年前に最愛の妻を亡くしてしまいました。

周囲からは陰鬱なイメージを持たれながらも、娘の幸せを心から願っているのです。娘とのコミュニケーションが上手くとれない中、突然目の前に姿を現したのは、白石万理華という小学四年生の女の子。

ルート所属の子役・毎田暖乃が演じているのですが、演技力がとても高いことでも話題になっています。さらに万理華の母親・千嘉(ちか)役を演じるのは吉田羊。

娘との距離感を上手く掴むことができず、育児に悩んでいる女性という役どころなのです。また、圭介と貴恵の娘・麻衣役を演じるのは、蒔田彩珠です。

もともと内向的な性格だったのですが、母・貴恵とはよい関係を築いていて、家族三人で仲良く過ごしてきました。しかし母が突然亡くなってしまったことで、生きる術を学べないまま大人になったような状態。

高校を卒業してから就職したものの、現在は無職とのことです。

 

それぞれの幸せの形がある

「妻、小学生になる。」のドラマは、2022年1月21日(金)より放送開始となっています。圭介と娘・麻衣の関係は今後どうなっていくのか、さらに突如現れた「新島貴恵」の意識を持っている少女・万理華とはどのような距離感でやっていけばよいのか。万理華にも家庭があることから難しいところではあるのですが、圭介の職場仲間や貴恵の周辺人物などとも関わり合い、それぞれの答えを導き出していくのです。

 

公式HP:https://www.tbs.co.jp/tsuma_sho_tbs/

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>「鹿楓堂よついろ日和」のキャストが魅力的!幸せいっぱいのストーリー



関連記事一覧