ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~のあらすじと魅力について

ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~のあらすじと魅力について

ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子のあらすじについては、春ドラマでありラブコメディということから、興味を持つ人も多いのでは。

今回はこのドラマのあらすじや、魅力について詳しくお伝えしていきましょう。



あらすじについて

綺麗でスタイルも抜群、仕事も優秀な素晴らしい女性が主人公です。周りからも羨まれる存在なのですが、本当は彼氏いない歴15年という恋愛初心者なのです。

そういった中で、見た目も中身もかなり魅力的なのに女性からフラれて続けてきた後輩の男性と、親しくなっていくことに。

実際には恋愛経験の少ないこの女性が、学ぶために活用しているのが少女漫画。このような女性が後輩男性に対して、恋愛を教えていけるのかどうかも興味深いところ。

主人公の女性の弟は、少女漫画に囲まれて過ごす姉の姿に対して呆れながらも、支えてくれるとても頼れる存在なのです。

そして主人公の女性が働く電子コミック出版社の親会社の役員の女性が、敏腕でかなりのパーフェクトウーマン。

この女性とのやりとりも、主人公の女性にとってさまざまな影響があるそうです。主人公の女性が恋愛を指南する後輩男性の兄は、貿易関係の会社の社長を務めているエリートです。でも弟の関係は、良好とは言えないもののようで…。

 

キャストについて

九条瑠璃役を演じるのは栗山千明です。電子コミック編集部に勤務していて、容姿端麗なアラサー女性。

真宮亮役を演じるのが小関裕太です。九浄瑠璃の後輩社員で、中身も外見もパーフェクトでありながら、女性にフラれ続けているのです。

九条瑠璃の弟役の九条惇太役を演じるのが草川拓弥です。そして真宮亮の兄である真宮賢治役を演じるのが吉沢悠。

九条瑠璃の会社の役員である、立花エリカ役を演じるのが堀田茜です。

ドラマの魅力について

人は見た目だけではわからないというように、このドラマを観て思うことも多いはずです。非の打ち所がないような人であっても、実は苦手な面があったり経験不足だったりする場合もあるでしょう。

そういった中で人との関わりを持ちながら、成長していくことができるのです。最初から完璧な人はいないというように考えると、今現在自分が抱えている悩みに対してもポジティブに向き合えるようになれるでしょう。

ドラマの中の主人公も、周りの人に支えられながら更に魅力的になっていくことが想像できます。

 

二人の今後の進展が楽しみ

恋愛の相談をしていくうえで、段々と親しくなるということは男女の間によくあるパターンですよね。

このドラマでも二人はどのようにし親しくなり、そしてお互いにかけがえのない存在になっていくのでしょうか。とても楽しみな春ドラマのひとつと言えそうですね

 

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/kojidan/



関連記事一覧