緑黄色社会「Landscape」の歌詞の意味と曲の魅力について

緑黄色社会「Landscape」の歌詞の意味と曲の魅力について

緑黄色社会「Landscape」の歌詞の意味については、CM曲としても使われているため注目しておきたいですね。

素晴らしい歌唱力と魅力的な音楽センスが特徴的な緑黄色社会。今回は緑黄色社会「Landscape」の歌詞の意味と曲の魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



CMについて

緑黄色社会「Landscape」は吉沢亮と橋本環奈が出演する、スズキの自動車「ソリオ バンディット」の新しいCM曲です。

このCMのために書き下ろした曲で、メンバーとしても「ドライブしながら聴きたい曲に仕上がっている」と話しています。

アルバムについて

「Landscape」は最新CDアルバムの『Actor』に収録されます。このアルバムは緑黄色社会にとっては、1年4カ月ぶりのリリースに。

ドラマやCMそしてアニメ主題歌などの全14曲が収録されているので、とても豪華なアルバムになると期待できますね。

 

歌詞の意味について

今までに探し続けてきたり、切って残してきたりしたのは探すのが難しい存在。大切な人はカメラを使って、そして自分自身はその隣で。

どの場所まで行くのかは、特に決めていないのです。街から少し離れてみるとしたら、まずはハイウェイに。

そうすると大切な人は眠ってしまうかもしれない。いつもの日々とは違う世界を見てみると、あたりまえだと思っていたことに気が付いたのです。

思い出したい、取り戻したい気持ちがあるのでしょう。二人で見つけた特別な思いに光をあてたいのです。

見えている景色、これは大切な人の背景でもあるのです。忘れてしまうほど、大切なものもあるのでしょう。

いつもと同じ日々、そして声が特別なものを生み出す時もあるのです。特に何をするわけでもなくても、時間が経っていたと感じるのでしょう。

これは人から見ると些細なことかもしれないけれど、とても素晴らしいことでもあるのです。

行きたい場所については、きっと見えてくるのです。どこに行きたいのだろう、大切な人となら、どこに行っても素敵な時間が過ごせるように思うのでしょう。

受け取りながらも溢れてしまった、そして自分の記憶の中に突然訪れた思いもあるのです。でもこれについては、知られたくない。

景色を感じながら、このまま走り続けるのです。風に委ねながら乗りこなしていきたいと願うのでしょう。

他の人が受け取った説明書があったとしても、これ以外のものを見て行動をしたくなるのです。

大切な人を好きになった理由を思いながら、寝顔を見つめるのです。大切な人もきっと同じ気持ちでいてくれる、いてほしいという願い。

自分でも不思議に感じるテンポにて、驚くような出来事が起きたのです。目覚めてから見た景色、これは大切な人の笑顔とおそらく目的としていた場所。

もし一人で悩むようなことがあったり、笑顔でいたいと思ったりした時でも、必ず迎えにいくと誓うのです。

これからもずっと見つめ合い続けられる、大切な人とならそれができると確信するのでしょう。

 

当たり前というものについて

日常を作っているもの、そして隣にいてくれる存在。これを当たり前という思いを持つこともありますよね。

でもこの曲は「当たり前だと思っているものが実は特別なものかもしれない」と教えてくれるのです。

焦点を合わせてみると、見えてくるものがあるはず。そして景色が背景に変わる時、自分の中で大切なものを見つけられる時もあるのです。

このように考えると、日々に対しての見方も魅力的な方向に変わっていきそうですよね。

 

爽やかで気持ちが明るくなる曲

疾走感やポップな雰囲気から、聴くことにより気持ちを明るくしてくれる曲だと感じます。この曲を聴きながらドライブをすると、とても素敵な景色を見ることができるでしょう。

これから先の活躍も期待できるアーティストの緑黄色社会。テレビなどで観る機会も増えてきました。今後も応援し続けたいですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>SHE’S「Chained」の歌詞の意味と映画との関連性について紐解く!



関連記事一覧