「Buddy」平井大の歌詞の意味と心温まる魅力的な曲である理由

「Buddy」平井大の歌詞の意味と心温まる魅力的な曲である理由

「Buddy」平井大の歌詞の意味については連続配信第4弾になる曲でもあることから、その内容について知っておきたいところ。

平井大しか表現できない、優しく温かい世界を感じられる曲になっているのです。今回は「Buddy」平井大の歌詞の意味と、曲の魅力についてもお伝えしていきましょう。



「Buddy」について

この曲は身近にいる大切なパートナーとの、愛に溢れた日常を表現しているものなのです。とても心温まる曲になっているので、聴いていて幸せな気持ちになれる人は多いでしょう。

曲と歌詞に平井大らしい仕掛けを感じることにより、更に曲を楽しめるかもしれません。大切な人のために、そして大切な人と一緒に聴きたい曲になっているのです。

歌詞の意味について

言い合いをしてしまう場面もあるのです。仲良しだからこそ、揉めてしまう時もあるのでしょう。

もしお互いに多忙な時でも、二人で映画を観たくなり観てしまうような関係性でもあるのです。

このような二人だから、行ける世界があるのです。日常生活の中でそう感じる時が、とても多いのでしょう。これはとても幸せなことですよね。

自分たちだから、幸せのゴールが分かるのです。そしてこれを必ず掴んでいきたい、一緒だからできると感じられるのでしょう。

見つめ合うことで、とても素敵な時間が流れるのです。大切な人が自分にとって、一番必要な存在なのです。

このまま隣にいてくれたのなら、きっと叶わない願いはないと感じるのでしょう。この愛がどれほど強いものなのか、きっと大切な人は分かっているのです。

二人一緒なら、そこにはとても素晴らしいパワーが生まれる。だから隣にいてほしいのです。誰も代わりになることなど、できないのでしょう。

海沿いに美しい建物を建てるために、自分は頑張って仕事をすると誓うのです。だからそんな自分を見守っていてほしい。もちろん家を守ってくれるのは、とても頼もしい存在。

これからも家族そして大切な思い出を、二人でたくさん作っていきたいのです。幸せな日々や人生にはきっと役割があり、お互いに支え合う時も必要なのでしょう。

お互いに相手を「この人しかいない」と思える関係性だと、自分の中で既に分かっている思いがあるのです。

 

パートナーの重要性について

一人で過ごす時間も大切でしょう。でもパートナーとなる存在がいてくれたのなら、今よりも幸せになれるはず。

この存在を見つけられたのなら、これからもずっと離れたくない。そして大切な存在のためなら、自分はとても強くなれるのです。

そう感じられる瞬間が、これからも訪れることも楽しみになってくるのでしょう。



関連記事一覧