VIVID VICEの歌詞の意味とは?アニメとの関連性も気になる!

VIVID VICEの歌詞の意味とは?アニメとの関連性も気になる!

VIVID VICEの歌詞の意味については、Who-ya Extendedがアニメのオープニングテーマとして担当しているもののため、知ってみたいと思う人も。

今回はこの曲の歌詞の意味、そしてアニメとの関連性についてお伝えしていきましょう。

 

アニメについて

この曲はアニメ「呪術廻戦」第2クールのオープニングテーマです。重厚感のあるロックサウンドが特徴的で、まるで一緒に走っていくような気持ちになれる曲でしょう。

アニメの人気と共に、この曲も今も注目されているのです。

第1期の曲については「人間」対「呪い」のようでもありましたが、今回は「人間」対「人間」のイメージを与えてくれる曲でしょう。

歌詞の意味について

コップ一杯に入っている、でもこれが溢れそうで溢れるようなことはないのです。でもこのままでは溢れてしまうかもしれない。危ないように感じているのでしょう。

自分の中で分かるのは「人の生命力はもしかしたらあまり強くないかもしれない」ということ。

不安定な状態の中で立つとしても、緊張感がありとても悩んでしまうのです。選択をしなければいけない、でも全てが罠のように思ってしまうのでしょう。

でもこういう中でも歩き出す勇気を持ちたいのです。後悔したくないと思っても、行動をしてから失敗だったと気づくケースはとても多いのです。

だからこそ現実を変えるとしたら、今しかない。本当のことはひとつしかなく、これがもし自分にとって苦しいものだとしても、向き合っていこうとしているのでしょう。

前を向いてただ進んでいこうと考えている、ここに曲の中の主人公の覚悟や決意を感じます。

でもマイナスの感情が訪れるような時もあるのでしょう。こういった中でも、戦う気持ちを持ち続けたいのです。

ところがここで自分自身の優しさや弱さが邪魔をすることも。でも情を持たなければ、強くなれるはず。

待ってくれることなく始まってしまう戦いの中、とにかく勝つしかない気持ちになるのです。

でも過去の自分に対して未練を持ち、辛くなる時も。こういう中でもやはり、自分の心の弱さを感じるのでしょう。

戦いは始まり、それが終わるまで止めることはできない。先が不安だとしても、とにかく曲の中の主人公は進んでいくのでしょう。自分の弱さも一緒に抱えながら、それでも戦いを選び正義を貫きたい思いがあるのです。

 

メッセージ性の強い楽曲

戦いたいわけではなくても、戦わなければいけない時は来るかもしれません。この時には迷い悩み、そして苦しみながらも進んでいくことを決意することが求められるのです。

一度は決めたとしても、葛藤をしながら日々を歩んでいく。それはアニメの世界とのつながりを感じられるものではないでしょうか。

関連記事一覧