SHE’S「Chained」の歌詞の意味と映画との関連性について紐解く!

SHE’S「Chained」の歌詞の意味と映画との関連性について紐解く!

SHE’S「Chained」の歌詞の意味については、映画のインスパイアソングになっているため内容について理解しておきたいところ。

とても注目されている映画なので、内容についても知っておきたいですね。今回はSHE’S「Chained」の歌詞の意味、そして映画との関連性に対して紐解いていきましょう。



映画について

SHE’S「Chained」は、『そして、バトンは渡された』のインスパイアソングです。本作にインスパイアされ制作された楽曲に。

映画の世界観に寄り添った楽曲を望むプロデューサーの思いにより、アーティストを募集しました。

約200組のアーティストから名乗りがあがったのです。その中から抜擢されたのがSHE’S「Chained」。

血のつながらない親から親へと養育をリレーされる主人公の女性。小学生から高校卒業までに4回も名字が変わったのです。

今は3人目の父と二人で暮らしています。このような環境の中で自分の居場所を決める主人公。映画の中には強さや愛情、それ以外にも多くの感情が含まれているのです。

歌詞の意味について

自分で望んでいなくても分岐点は訪れるのです。でも暗い夜だとしても、優しく月が照らしてくれるでしょう。そして導かれながら、歩いていけるのです。

寂しい夜はないと思うことができるのは、愛に包まれている自分を感じられるから。そして大切な愛を感じられる道を、これから先に進んでいくことができると思えるのでしょう。

どんな日々であっても、走り続けてきたのです。独りだと感じると涙が溢れそうになる、それでも泣かないように生きていきたのでしょう。

愛はこれからもずっと繋がっていくもの、それを信じていたいのです。繋がりをこのまま続けていければ、大切な人にまた会うことができる。こう思うと未来に対しての不安が消えるように感じるのでしょう。

転ぶ時もあるかもしれません。でもこれに対しても怖さを感じないのです。大切な存在が心の中にあるから、これから先の自分は大丈夫だと思えるのでしょう。

今はまだ過去を振り返る時期ではないと感じるのです。今は前を向いて進んでいきたい思いが強いから。

自分にとってこの日々は、つなぎ合わせてやっと成立しているようなものなのです。孤独を感じる明日という日は、ふたつのものになったと感じるのでしょう。

溢れるような愛情、これを大切な人に届けられたのなら…という願い。大切な人の笑顔を見ることができれば、他に望むものは何もないのです。

願うのは、うつむかないでいてほしいということ。なぜなら怖いものは何もないから。もし嵐が来て雷鳴が聞こえたとしても、振り返らなくていいのです。

今のあなたはちゃんと進めているのだから。自分の中で走り抜けてきた日々、それはまるで擦り切れているようなものなのです。寂しさを感じて涙が零れそうな時もあったのでしょう。

でも愛が繋がっている、そう感じられたのです。これをこのまま続けていきたいと願っているのでしょう。

そして大切な存在とまた会うことができると、心から信じているのです。こう思うことができたから、今は怖いものなどないと思えるようになれたのでしょう。

 

MVについて

MVのピアノがとても美しくて優しいと感じる曲です。サビに進むまでには、繊細な雰囲気があるでしょう。映像がひとつのストーリーのようで、とても素晴らしいのです。

サビになると、そこに強さがあると思えるでしょう。このため背中をそっと押してくれるように感じるのです。英語の部分がとても穏やかに、優しく心に入ってくる曲ですね。

 

辛さを感じた時に大切に聴きたい曲に

日々を過ごす中で辛いと思うこともありますよね。そのような時にこの曲を聴くと、愛情を感じられるので心が温かくなるのです。

そしてこれからも歩んでいけると、自分自身で思うことができるでしょう。どのような日々であっても大切なもの、それを教えてくれる楽曲になっているのです。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味と込められたメッセージ



関連記事一覧