「嘘じゃない」崎山蒼志の歌詞の意味とアニメとの関連性

「嘘じゃない」崎山蒼志の歌詞の意味とアニメとの関連性

「嘘じゃない」崎山蒼志の歌詞の意味は、アニメのエンディングとしても使われているので、内容について理解をしておきたいですよね。

今回は「嘘じゃない」崎山蒼志の歌詞の意味、そして曲に込められたメッセージについてお伝えしていきましょう。



崎山蒼志について

崎山蒼志はインターネット番組の出演をきっかけに、世間に知られるようになりました。特に若者から熱い支持を受けているのです。

2021年3月には「逆行」をリリースしました。そして映画の主題歌の書下ろしを依頼されるなどの活動を広げています。

アニメについて

「嘘じゃない」はテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」第5期のエンディングテーマとして書き下ろした曲です。

アニメに登場する二人の関係性、そしてキャラクター性について感覚的に曲を作り上げたと語っています。

 

歌詞の意味について

優しさに対して、これがいつの間にか自分の中で大切にしてきたものなるのです。一人ではなく、大切な人と繋がりたい思いがあるのでしょう。

そして瞬きをするほどの一瞬に、二度と見ることができない多くのものを見ることができるのです。意味がないと人が言うかもしれない。でも悲しみを抱えながらも伝えたい思いがあるのです。

今後はどこに対してでも、きっと繫がれていくように思うのです。悪夢を見たとしても、ここにいる大切な人を絶対に救いたいのです。

そして自分ならきっと、これができると信じる思いがあるのでしょう。心の闇があると感じる時もあるのです。

でもこの関係性の中で辿ってみると、失ったように感じる記憶だったとしても、実は失くしていないと気付くことも。そして気付ける自分になれたのです。

ゆらゆらとしたもののために、生きてきたわけではないのです。でも心の中に感じる揺れは、実際に自分を呼んでいるもの。そしてこれを真実だと感じるのでしょう。

歪んでいる世界に立つと、心が崩れてしまう音が聞こえるのです。今後の未来、これはきっとどんな場所にでもつながっていくのです。

そして辛い状態に大切な人がいたとしても、きっと救い出すことができるのでしょう。

 

大切な人を思う気持ち

今の自分にできることは少ないかもしれない。それでも大切な人のためなら、動くことができると感じるのです。

これから先の未来は、きっと輝くものになると信じられるのでしょう。それは大切な人から、既に与えられたものがあるからかもしれません。

これを今後も大切にしながら、一緒に歩んでいける自分でいたいという思いを感じる曲になっているのです。



関連記事一覧