KOH+「ヒトツボシ」の歌詞の意味と映画との関連性について

KOH+「ヒトツボシ」の歌詞の意味と映画との関連性について

KOH+「ヒトツボシ」の歌詞の意味については、映画の主題歌でもあるため注目しておきたいところです。

歌詞が魅力的だと評判でもあるため、今回はKOH+「ヒトツボシ」の歌詞の意味と映画との関連性について、詳しくお伝えしていきましょう。



映画について

KOH+「ヒトツボシ」が主題歌になっているのは『沈黙のパレード』です。この映画の登場人物への鎮魂歌として福山雅治が書き下ろした作品。

インスパイアムービーは、映画本編のそれぞれのキャストによる印象的なシーンの数々と、アーティスト・とんだ林蘭監督がKOH+がパフォーマンスする「ヒトツボシ」のMVの映像が合体することにより、曲の切なさを更に深く感じられるものになっているのです。

ミニアルバムがリリース!

「ガリレオ」シリーズの再始動と共に、福山雅治が作詞作曲とプロデュースを手掛け、柴咲コウがボーカルを担当するユニット「KOH+」の最新EPヒトツボシ ~ガリレオ Collection 2007-2022~』がリリースされます。

これまで15年にわたり発表してきたガリレオ楽曲の数々が収録されているため、とても豪華な仕上がりになっていることが期待できるでしょう。全6曲が収録されています。

 

「ヒトツボシ」の作詞作曲について

この曲は柴咲コウの歌声や表現をイメージして書いたものだと、福山雅治が話しているように、とても合う曲になっていますよね。

少し儚げな中、一途に大切な人を想い続けるような雰囲気を感じます。このため曲に対しての魅力的な歌唱となっているので、聴いていて感動を覚える人が増えているのでしょう。

大切な人をそっと見守る愛情や思いやりは、とても深いもののように感じます。これを表現できるのは、柴咲コウの素晴らしい表現力や魅力があるからでしょう。

 

「ヒトツボシ」の歌詞の意味について

もし愛さずにいられたとしたら、きっとこんなに苦しい思いはしていないのです。そして出会わないままだとしたら、この旅は幸せなものだったのかもしれない。

舟は悲しみの海を漕いでいる状態なのでしょう。謝りたい思いがあるのです。大切な人に別れの言葉を告げることなく、自分だけが星になってしまったこと。

いつか時が過ぎて、大切な人が自分のことを泣かずに思い出してくれるようになるまで。大切な人のこれからの物語を、邪魔しないよう自分でいたいのです。

夢はとても脆くそして儚く壊れてしまう。現実にあるこのカケラたちを、何度集めたとしてもそれは元のような夢にはならないでしょう。

大切な存在と、ただ一緒に過ごしていたかったのです。笑い合えた日々、その頃の自分を一番好きだと思えるのでしょう。

人を許せず、そして自分のことも許せないまま嵐の道を進んでいく。そんな人だからこそ、照らす存在になりたいのです。

星の生命も終わる時がくるでしょう。でも二人が出会えた喜び、それはきっと終わることはないのです。

誰かを愛し、そして愛されてほしいと願うのでしょう。でもそう思いながら寂しさを少し感じるのです。

時が経って、自分のことをどうか泣かずに思い出してくれる日がきてほしい。そしてこれからの日々が幸せなものであるようにと、願っているのです。

 

切なさと魅力溢れる曲に

ドラマチックなイントロから始まり、そしてサビまでのメロディもとても魅力的です。サビの中で感じられるメッセージがとても切ないですね。

優しく見守る心、でもその中に愛情が込められているのです。そして愛する人に幸せになってほしいという願いを持っているのでしょう。

とても素直で美しい思いを表現していると感じます。映画とリンクされている歌詞でもあるため、共に味わうことができるはず。

人を心から愛することができれば、このような思いを持つことができるのだろうか…と感られる曲になっているでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>Official髭男dism「Choral A」の歌詞の意味と映画との関連性について



関連記事一覧