「背伸び」森七菜の歌詞の意味と考察そして惹かれる魅力とは

「背伸び」森七菜の歌詞の意味と考察そして惹かれる魅力とは

「背伸び」森七菜は2021年10月末に配信された新曲なので、今後の活躍も期待できる彼女の歌の歌詞の意味については、ぜひ知っておきたいところですよね。

これからも輝き続けることが期待できる存在。今回は森七菜の「背伸び」の歌詞の意味について詳しくお伝えしていきましょう。



歌詞とMVについて

「背伸び」の歌詞は、森七菜が声優として天野陽菜役を務めた『天気の子』の新海監督が手掛けています。

MVでは歌詞の中の「君」と「僕」をダンサーが表現していて、とても新鮮な仕上がりになっています。

大切な人を思い浮かべながら聴きたい曲になっていると言えるでしょう。

歌詞の意味について

大切な人が背伸びをしながら星を探しているのです。夢に向かい進んでいる背中は、とても輝いて見えるのです。

もう少し一緒にいたいけれど、このまま行くと戻るのが大変になることも。そして自分がドキドキしているのを知られるのが怖いのでしょう。

でもまた一緒に海をみようと笑顔で言い合えたのです。大切な人の髪に、夏の香りを感じながら。

もう触れることができない、そう思うと元気が出なくなってしまうのです。でもこれに対して、知られたくない思いがあるのでしょう。

だからもう忘れるしかない、大切な人にとって意味のある存在になれないかもしれない。でも息もそして指も髪も、これから先に進んでゆく大切な存在と共に忘れることができるのだろうか。これに対して耐えられるのかは分からない…少し不安な思いがあるのです。

大切な人が背伸びをして星を探すような姿を見ながら、行かないでほしいと感じるのです。でも心に痛みがあり、その言葉を伝えられない。

背伸びをしながら、大切な人は夢に向かっていくのでしょう。別れの言葉を残したまま。

今はこの町にはもういないのです。記憶だけが残っているのでしょう。だから心の中の思いを消して、もう一度描いてみようとしているのです。

もし叶うのなら、大切な人にとって意味のある存在になりたい。そうすればきっと二人は今よりも成長して、魅力的になれるようと感じるのでしょう。

 

ピュアで繊細な曲に

歌詞の意味がとてもピュアで美しく、そして繊細だと感じます。森七菜の表現力の高さから、魅力的な曲になっていますよね。

大切な人の背中を見ているだけではなく、自分も行動をしていきたい思いがあるのです。そうすればきっと隣に並ぶことができるから。

二人が今よりも輝ける日は、必ず訪れるのです。この日のためにも前を向いて歩いていこう、そう思っている曲の中の主人公の表情が、聴く人にとって心に浮かぶ曲になっているでしょう。



関連記事一覧