染谷将太の妻はハリウッド女優!大河で信長役も好演した実力派

染谷将太の妻はハリウッド女優!大河で信長役も好演した実力派

染谷将太の妻はハリウッドなど海外でも活躍している女優です。染谷将太は子役時代から芸歴20年以上で、実力派の人気俳優として活躍しています。2020年のNHK大河ドラマでも、その実力が大いに発揮されました。染谷将太と妻に焦点を当ててみましょう。



織田信長役を熱演

染谷将太が演じた役で、まだ記憶に新しいのは2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でしょう。長谷川博己主演の明智光秀が主人公のドラマでした。明智光秀の主君であり、最重要な役どころの織田信長を当時27歳の染谷将太が務めて話題になりました。

織田信長の年齢とともに演技を変えていく巧みな演技で、信長のような凄みのある存在感を出す熱演は好評を博しました。染谷将太がさらに成長し、実力派の俳優としてお茶の間に広く知られる存在になったことでしょう。

キリンビール「スプリングバレー」のCMで、長谷川博己と共演をしています。「麒麟がくる」での2人のシーンが思い出されて懐かしく感じる人も多いでしょう。

染谷将太の経歴について

染谷将太は、1992年9月3日生まれの29歳(2021年現在)、東京都出身です。7歳から芸能活動を始め、既に20年以上の芸歴になります。

2001年に公開の映画「STACY」でデビューしたときは、まだ8歳でした。テレビドラマには2002年から出演しています。現在season20になるドラマ「相棒」のseason1にも出演しました。長編映画での初主演は2009年公開の「パンドラの匣」、17歳でした。

2012年公開の映画「ヒミズ」での主演と「悪の教典」での好演で、第36回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。2015年に公開の映画「バクマン。」では、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優も受賞しています。

主人公の空海を演じた日中合作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」では、中国語をマスターして見事に演じ切り、日本では2018年に公開されました。

劇場アニメ「バケモノの子」や「竜とそばかすの姫」などで、声優にもチャレンジしています。

 

妻はハリウッド女優

2015年1月1日に結婚の報告をした相手は、交際をしていた菊地凛子です。染谷将太は当時22歳、妻となった菊地凛子は33歳で、年齢差も話題になりました。

菊地凛子は、1981年1月6日生まれ、神奈川県秦野市の出身です。1996年に原宿でスカウトされて、15歳の頃からモデルとして活動を開始します。女優デビューは1999年で当時は本名の菊地百合子で映画「生きたい」などに出演。2004年に菊地凛子に改名します。

25歳の時に2006年に公開のアメリカ映画「バベル」に出演して、演技が高評価されました。本場アメリカのアカデミー助演女優賞にノミネートされるなど一躍有名になり、ハリウッドなど国際的に活躍する女優となりました。

 

これからの活躍が楽しみ

染谷将太と菊地凛子、実力派俳優同士の結婚で高めあう関係性が素敵です。染谷将太はすでに20年以上の芸歴で経験が豊富ですが、さらに円熟した演技で魅了をしてくれるでしょう。

これからの活躍が楽しみです。

染谷将太の公式サイト:http://www.shotasometani.jp/

菊地凛子の公式サイト:http://www.rinkokikuchi.com/



関連記事一覧