Official髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞の意味とアニメとの関連性

Official髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞の意味とアニメとの関連性

Official髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞の意味については、アニメのオープニング主題歌でもあり、新鮮な雰囲気を感じる曲なので深く知っておきたいですね。

今回はOfficial髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞の意味と、アニメとの関連性について詳しくお伝えしていきましょう。



アニメについて

『SPY×FAMILY』というアニメのオープニング主題歌がOfficial髭男dism「ミックスナッツ」です。

こちらは集英社「少年ジャンプ+」で連載中の遠藤達哉による人気漫画をアニメ化しているもの。エンディングには、星野源の「喜劇」が起用されていますので、とても豪華ですね。

内容については仮初の家族を築いていく中で、日常を送るために日々トラブルと闘っていくというもの。

このアニメと「ミックスナッツ」がどのように関連しているのかについてとても興味深いですね。

MVについて

「ミックスナッツ」のMVでは、ヒゲダンの作品を多く手掛けている新保拓人が監督を務めました。

映像の中では、衣装やメイクにより様々な登場人物に扮するメンバーの姿が。このためかなり見ごたえのある内容になっているのです。こちらも是非チェックしておきたいですね。

 

歌詞の意味について

まるで袋に入れられたナッツ、こんなふうに皆が出会った人たちと一緒に日々を過ごしているように感じるのです。

ここに入った自分たちは、この場にそっと隠れながら笑顔になる時も。これが幸せというもの、こういう枠の中だと感じながら、うわべだけの世界のようにも思うのです。

共にテーブルにて食事をする時も、なぜか自然体の自分ではいられないと感じるのでしょう。

隠していることがたくさんある、そして無理につないだようなこの関係性、このことに気づいているのでしょうか。

できればなくしてしまいたい、こう思う本音についても結局なくせない状態なのです。不安がとても多くある、この中でとりあえず日々を成り行きで過ごしていこうとしているのでしょう。

人から見たら、間に合わせでその場限りのように見えるかもしれません。でも確かなのは、自分と相手の存在が同じ場所にあるということなのです。これを確信すると、まるでお腹が一杯になるように感じるのでしょう。

生きていく中で、すぐにその場にいられなくなる時も来る。でもこのような時だから、できれば近くにいさせてほしいのです。

これからどんな出来事があったとしても、割れることない殻のように自分が強くなるから。生まれた場所は違うかもしれない。でもたったこれだけのことだと思えるのでしょう。

この世の中はとても厳しい、渇きを感じるのです。でもどうか誰に対しても、平等に雨が降るように癒しを与えてほしいと願うのです。

冷たさを感じて騒がしいと思う窓から見た景色。星を探しても、見つけることができないのです。

時には雷だらけの日があってもいいと感じるのでしょう。ミスが続き、そしてこの場で何とかやり過すような状態も。

この日々はそんなに深く考えることもない、こう思うようにすれば色々なことをお腹の中に入れて、眠れるようになるはず。

隠していることも多い、今は何とか成り立っている状態なのです。でもこのような中でも全部自分の中に取り入れていきたい。

普通や正しいものなど、本来はない日々なのです。そしてとりあえず出来たものかもしれません。

でも同じ場所に一緒にいる、これだけで満たされる思いがあるのです。これは奇跡と呼べるもの、だからこれからも大切に味わっていくのでしょう。

 

アニメとマッチした内容に

とてもアニメの世界とマッチしていて、歌詞が心に響いてくる曲になっています。どのような状態でも、一緒に過ごす相手がいるのならその日々を大切にしていきたいですよね。

このことを思い出させてくれる曲なので、日常の中でこれからも聴いていくと前を向きやすいかもしれません。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>平井大「願いごと」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について



関連記事一覧