UVERworld「NAMELY」の歌詞の意味と魅力ある曲になっている理由

UVERworld「NAMELY」の歌詞の意味と魅力ある曲になっている理由

UVERworld「NAMELY」の歌詞の意味は、ニューシングルでもあるので理解をしておきたい思いもありますよね。

この曲はアニメのエンディングテーマとしても、使われているのです。今回は「NAMELY」の歌詞の意味、そして魅力ある曲になっている理由についてお伝えしていきましょう。



アニメについて

「NAMELY」は『七つの大罪 憤怒の審判』第2クールエンディングテーマでもあります。アニメとの関連性についても、どのようなものなのか知りたいと思う気持ちも。

一話も見逃さずに、のめり込むように観ていきたい壮大かつ深い内容のアニメです。

歌詞の意味とは

初めて目が合った時には、本来ならそんなに気になるものではなかったはずです。自分でも最初は思っていたのでしょう。

でも大切な人とは目が合った時に、手を握り合いたくなるように感じたのです。この人は今までの存在とは違うと、思う自分がいたのでしょう。

それぞれの日々の中で、永遠ではないものもあることを理解しているのです。このような時でも、少しだけ待ってほしい思いがあるのでしょう。

先があることについて、今は見たくないのです。少しでいいから近くにいてほしいと願う思い。

もし終わり方が悲しいものであっても、これを素敵なものに変えられると確信できるのです。

今という時間は、このまま時が止まってしまい終わりが来てもいいと思えるほどの、意味があり価値を感じるものなのでしょう。

なくしたものを見つけたくて、探し続けて進んでいたのです。でもこのような気持ちも、消えてしまった。

距離を感じるとしても近づくのはよくないことなのか…わからないのです。でも心は既に向いている方向がある。

離れてしまったとしても、変わることのない思いがあり、これについて把握をしているのでしょう。

だからこそ、今という時を一緒に過ごしたいのです。永遠という言葉はとても危ういように感じるのです。せっかく大切な人が言ってくれたとしても。

もし明日自分がいなくなってしまっても、このままでいたいのです。騙されたとしても構わないと思えるのは、この時間と一緒にいることに価値があるから。今とても幸せなら、それでいいのかもしれないと、心の中で思う自分がいるのでしょう。

 

出会えたことの大切さを感じる曲

少しの時間でも大切な人と過ごすと、それはとても輝くものになりますよね。こう思える相手と出会えたことが、とても意味があり幸せを感じられるものなのです。

先について考えたくない、考える必要がないように思う気持ちもあるのでしょう。切なさを感じながらも、手放したくない存在への愛が溢れている曲なのです。



関連記事一覧