「閃光」Alexandrosの歌詞の意味と映画との関連性が気になる!

「閃光」Alexandrosの歌詞の意味と映画との関連性が気になる!

「閃光」Alexandrosの歌詞の意味については、半年ぶりの新曲でもあるため期待をしながら興味を持つ人は多いですよね。

この曲は映画の主題歌としても使われているのです。今回は「閃光」Alexandrosの歌詞の意味と、映画との関連性について深く見ていきましょう。



映画について

「閃光」Alexandrosは、映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌としても注目を集めています。

ギターがとても印象的で、一度聴くと忘れられないようなメロディーの曲に仕上がっているのです。

刺激を与えながら、映画の壮大なストーリーを美しく彩っています。この曲を聴いて、高揚すると感じる人はとても多いでしょう。

この映画は1989年に出版された、発行部数130万部の同名小説を原作としているのです。原作との違いや、そこから感じる魅力もあるはず。

歌詞の意味について

夜に感じる光があるのです。でも段々と消えていくのを感じるのでしょう。この中で聴いてみたい声があるのです。

雷の音が聴こえてきて、その中で偽りのない心を感じるのです。痛みは自分自身の記憶と関連している。

とても怖くて寒気さえしてくるのです。自分自身の間違いにも、気づいているのでしょう。大切な人は必要なものを、既に理解しているのです。今は自分の中の悪と向き合っているのでしょう。

過去については思い出したくない、触れたくもないけれど忘れられない思いもあるのでしょう。

目覚めることができたので、きっと抜け出すことができるはず。そして今までに見たことのない世界を感じながら、その色に染まっていくのです。

本当は飛び立ちたい気持ちがある、だから方法を教えてほしいのです。泣いてしまうようなことがあっても、自分はこのままではいられない。だから泣かずにいてほしい、羽ばたくためにも。

中身を感じない言葉や約束を、必要としてはいないのです。今の自分になるまでに、置き去りにしてきたものもあるのです。

でもこれに対して、今はもう考えたくないのでしょう。自分にとって大切に思う世界。そこれが崩れたり無くなってしまったりするのを、見たくない気持ちがあるのです。

過去に置いてきた思いはこのままにしておきたい。そうすれば悲しみはきっと遠いものになるから。

 

深くそして光る曲の内容

映画とリンクしてシンクロをしているこの曲は、映画ともとてもマッチしていると言えるでしょう。

日々の中で自分の世界を大切にしていきたいのです。学んだことや得たこともあるのでしょう。

だからこそ今の自分を信じたい思いが、この曲の中のメッセージとして込められているように感じます。



関連記事一覧