「青空」ケツメイシの歌詞の意味と与えてくれるもの

「青空」ケツメイシの歌詞の意味と与えてくれるもの

「青空」ケツメイシの歌詞の意味については、CMに起用されることもあり興味深いと思う人は多いのではないでしょうか。

今回はこの曲の歌詞の意味、そして曲が与えてくれるものについてお伝えしていきましょう。

CMについて

「青空」ケツメイシは、日本航空(JAL)と日本コカ・コーラのコラボレーション新CMに起用されることが決まっています。

今回のCMについては、この時代に学生生活最後の挑戦の機会を失った多くの人達の気持ちに寄り添いながら、新しい旅立ちを応援したいという思いが関係しています。

悔しさを経験したとしても、それよりも大切なものに気づけるというストーリー性のあるものなのです。

 

歌詞の意味について

空を見上げなくなった自分に、ふと気が付く時があるのです。まるで追われるように感じて、これに対して不快になることも。

部屋の窓から見えた時に、とても綺麗な青空が自分の心を少し穏やかにしてくれたのです。見上げることにより、心も晴れていくように感じる。

空が青い間なら、まだ歩いていけるように思うのです。そして自分は自分のままでいられる。

世界は慌ただしい状態が続いているけれど、正直に生きていきたいのです。でもそれを愚かなのかもしれないと思う時も。

それでも青空は変わらずにいてくれるのです。生きるために大切な存在になってくれている。

悩みを持っていても、空を見ると悩みが小さなもののように思えてくるのです。背中を押してくれると、感じられるのでしょう。

怖いと思う気持ち、そして葛藤や不安もあるのです。でもこれに対して迷いすぎていては、前に進めなくなってしまう。

青く染まる空は、未来を美しいものにしてくれるでしょう。空が青く染まることにより、気持ちが弱くなったとしても心を動かしてくれるのです。

未来に対して届けたい愛があるのです。未来へと繋いでいきたい夢もある。世界が変わっていくような時でも、空は変わらずに微笑みかけてくれるのです。

辛い時には窓から空に向かい問う時も。そして白い雲を追いながら時間を過ごすことがあってもよいのでしょう。

信じてほしい、背中を押してくれる風。ここには愛があるのです。重い雲はきっと去っていくはず。そして青空は笑顔で待っていてくれるでしょう。

 

空を見上げて歩んでいきたい

俯いてしまいそうになることが多い世の中で、空の存在を忘れてしまうような時も。でもできれば空を見上げて、その青さを感じながら歩んでいきたいですね。

空の存在が勇気を与えてくれるはずです。それを教えてくれる曲でもあるでしょう。

関連記事一覧