• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」の歌詞の意味と込められたメッセージについて
マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」の歌詞の意味と込められたメッセージについて

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」の歌詞の意味と込められたメッセージについて

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」の歌詞の意味については、テレビにて歌唱している姿を観た人も多いはず。ぜひ注目したい内容でもありますよね。

今回はマカロニえんぴつ「なんでもないよ、」の歌詞の意味、そして込められたメッセージについてお伝えしていきましょう。



Streaming Songsについて

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」は、2021年12月にBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャートのStreaming Songsにて首位を獲得しました。

この曲は11月3日にリリースした新曲です。段々と順位を上げていき、ついにはトップになりました。

この曲のヒットの背景としては、TikTokのチャレンジ企画があるのです。「なんでもないよ、」をカバーするユーザーがとても増え、このため楽曲の人気につながったということもあるでしょう。

歌詞の意味について

自分は何も持っていないように感じるのです。伝えて喜んでもらえるような言葉が浮かばない、そして魅力的なスタイルではないように感じて満足できないのでしょう。

大切な人が自分に与えてくれたのは、愛情や幸せではないのです。普段の日常や、そこに合う微笑なのでしょう。

自分でもよかったのだろうかと気になるのです。こんなに何も持っていない、そんな自分を選んでくれたと思う気持ちも。

でもこれに対して大切な人には、聞かない自分でいたいのです。なぜなら自分にとって、大切なのは相手の存在しかないから。

心が近いと思いたいのです。言葉なんて要らないと思えるような距離でいたいのでしょう。会いたくて近くにいたい、そして相手を守りたいのです。

でもこんな言葉よりも、自分よりも先にこの世を去らないでほしい。このように思いながらも、伝えたいのはこの言葉ではない気がしてしまうのです。

相手を好きな気持ちに戸惑いがあり、自分の中で気持ちをコントールできない状態でもあるのでしょう。

自分には何もない、そう思っていたけれど実はあるのかもしれない。大切な人の怒った顔や寝顔を見ていて思うのです。

今後もきっと誰よりも先に、自分の目が大切な人の姿を映すことができるのです。大切な人の笑い声を、誰よりも多く自分の耳が聞くことができるから。

心のつながりを感じているのです。言葉が必要ないほどのつながりなのでしょう。会いたくて近くにいたい、そして大切な人を守っていきたいのです。

でも自分よりも先に去らないでほしい、でも本当に伝えたいのはこの言葉ではないかもしれない。

もし伝えたとしたら、やめておけばよかったと思ってしまうのでしょう。自分の中の想いを無理に表現せずに、このままの自分でいたいのです。

会いたい、そして離したくない思いがあるのです。離れないでほしい思いもあるのでしょう。

でもこのような言葉よりも伝えたいことがあるのです。それは大切な人と一緒にいる自分を好きだということ。

 

両想いソングが微笑ましい

両想いソングとして、心が温かくなる曲になっています。とても大切な存在が近くにあるので、何かを表現したくなるのでしょう。

でも何を伝えたとしても、どこか違うように感じるのです。心で感じる内容は、無理に表現しなくてもよいのかもしれません。

このように思うと、今の自分の気持ちに素直でいればいいと思えたのです。これから先にも一緒にいたい、近くにいる今の自分を好きでいられるから。こう思えるのはとても素敵なことですよね。

 

とても素敵なラブソングに

ラブソングとして好きな女性に贈りたい曲でもあります。普段は言葉で伝えるのが苦手な男性が「この曲を聴いてほしい」と伝えて、好きな人に聴いてもらうのも素敵ですね。

自分の気持ちがしっかりと伝わり、相手も幸せな気持ちになれるかもしれません。時には曲の力を借りて、大切な人に愛情を表現してみるのもいいですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>「背伸び」森七菜の歌詞の意味と考察そして惹かれる魅力とは



関連記事一覧