「Starlight」和楽器バンドの歌詞の意味とドラマとの関係性について

「Starlight」和楽器バンドの歌詞の意味とドラマとの関係性について

「Starlight」和楽器バンドの歌詞の意味については、ドラマの主題歌にもなっているため興味深いですよね。

彼らしか表現できない世界観。それをこの曲でもきっと感じることができるでしょう。今回は「Starlight」和楽器バンドの歌詞の意味と、ドラマとの関係性についても詳しくお伝えしていきますね。



ドラマについて

「Starlight」は「イチケイノカラス」というドラマの主題歌として、書き下ろされたものです。

この曲を表題として、カップリングにはTVアニメ「MARS RED」のオープニングテーマの「生命のアリア」に加えて、新曲2曲を含め全4曲が収録されるのでとても豪華ですね。ファンには、とても嬉しいことでもあるでしょう。

歌詞の意味について

大切なものは近くにあるのです。でもそれに気づくことが出来ない日々なのでしょう。アスファルトで育つ草を見ると、強さを感じるのです。

命が輝いているように思い、空と雲を見つめたくなるのでしょう。このまま走り出したい気持ちがあるのです。

大切な人から与えてもらった思い、これを大切な人が愛している世界の中であるがままの自分でいながら越えていきたいのです。

様々な出来事がある中で、それを喜びに変えられたのなら。そんな自分になりたい願いがあるのです。

そうすればきっと大切な人と一緒に、景色を見ていられるはず。新しい日々に向かい、走っていきたいのです。

変化を感じて、不安になる時もあるでしょう。でもこのような時でも心が落ち着いていられるのは、大切な人の笑顔があるから。きっとこれからも、前を向いて進んでいけるのです。

空の星の光は心が熱くさせるもの。世界に包まれているように感じる瞬間があるのでしょう。諦めたくない思いがここにあるのです。だから輝ける自分でいたい思いがあるのでしょう。

大切な人が愛している美しい夜空。きっと空の下に道があり、つながりを感じるのです。だから願いを込めてみたくなる。

人のために生きていきたいけれど、これについては正しいのかは分からない思いも。でも大切な人たちの思いを心に持ちながら、進むのが必要な時もあるのです。

走っていくことにより未来が見えてくると、確信を持っているのでしょう。

 

美しい世界観が印象的

この世界には美しいものがたくさんあるとしても、それに気が付かない時もあるのです。でもできれば、受け入れて大切にしていきたい思いがあるのでしょう。

このことに曲を聴いて、思い出させてくれると感じる人もいるはずです。これから先の日々についても、今までとは違ったものになるかもしれません。



関連記事一覧