8LOOM「君の花になる」の歌詞の意味とドラマとの関連性

8LOOM「君の花になる」の歌詞の意味とドラマとの関連性

8LOOM「君の花になる」の歌詞の意味は劇中発の期間限定ボーイズグループのセカンドシングルでもあるため、ドラマとの関連性と共に内容を把握しておきたいですね。

今後のドラマの展開に興味を持ちながら、新曲についても深く知っていきましょう。では今回は8LOOM「君の花になる」の歌詞の意味について、詳しくお伝えしていきます。



ドラマについて

2022年10月24日現在、TBSの毎週火曜10時から放送中の火曜ドラマ『君が花になる』。このドラマの中で高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人からなる劇中発のボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”が活躍しています。

このドラマでは挫折した元高校教師が、ひょんなことから7人組ボーイズグループの寮母になるというストーリー。そして主人公を本田翼が演じています。

様々な出来事がありますが、乗り越えながら共にトップアーティストになる夢に向かっていくという内容です。

ドラマのメインテーマとは

「君の花になる」という楽曲には、ドラマのメインテーマソングです。みんな誰かの花や誰かの力になれるというメッセージが込められています。

このため聴く人の背中を、そっと優しく押してくれる楽曲になっているでしょう。

 

サウンドプロデュースと振り付けについて

サウンドプロデュースには、日本のポップスやK-POPなど多くの作品を手がけて活躍をしている音楽プロデューサーのUTAを迎えました。

そしてダンスの振り付けは1stシングル「Come Again」に続いて、世界で活躍する21歳のダンサー・コレオグラファーのReiNaが担当しました。このためとてもクオリティの高い仕上がりになっているのです。

 

「君の花になる」の歌詞の意味について

歩みながら追いかけているものがあるのです。戻ることはできない、これについても既に理解している状態なのでしょう。

でも分かっていても希望は前にしかない、だから進もうとしているのです。実際に進んでみることにより、そこに道が出きるはず。

まだ見たことがない景色、これらをいつでも大切な人と見たい気持ちがあるのでしょう。そばにいるから、心配しなくてもいい。なぜなら一人ではないから。

世界にひとつだけの大切な人のための花になりたいのです。前を向くことができない日があっても、迷ったり疲れたりしたとしても。

全ては理由があって起こる出来事、こう思うことにより強く願いつづけていられるのです。そして夢に向かって進めるのでしょう。

先に進むのは難しいと言われたとしても、幾度も越えてきた壁があるのです。試されながらきっと絆は強いものになるのでしょう。

だからこのまま進み続けていこう。そうすればきっと明日はよりよい日になっていくと信じられるのです。

大切な人となら、どこにでも行けるはず。素晴らしい世界に向かっていけるのです。今までに描いてきたストーリー、これを大切な人とこれからも見ていきたい思いがあるのでしょう。

心配しないでほしい、そばにいるから。世界にひとつの大切な人の花になりたい。そして前を向けなくて、迷う時や疲れる時もあるのでしょう。

でも理由があって全てのことは起こっている、だから願い続けて自分たちの夢に進んでいこう。

叶えたいと願う夢があるのです。きっと道標があり、未来まで続いているのでしょう。雨に打たれたり、風に吹かれたりしても大丈夫。大切な人の花にきっとなれるから。

そばにいるから、心配しないでいてほしいのです。どんな時でも大丈夫、きっと夢に向かって歩んでいくことができるから。

 

心が温かくなる曲に

爽やかで優しい歌声、そして前に向くために得たい強さを感じられる曲になっています。このため迷い悩む時には、この曲を聴くことにより自分の中でパワーになる可能性が高いでしょう。大切な応援歌としても、これからも聴き続けたいですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>ヒゲダン「Subtitle」の歌詞の意味とドラマとの関連性



関連記事一覧