「鋼の羽根」RADWIMPSの歌詞の意味と込められた思いについて

「鋼の羽根」RADWIMPSの歌詞の意味と込められた思いについて

「鋼の羽根」RADWIMPSの歌詞の意味については、現在注目のアーティストでもあるため理解しておきたい人も多いですよね。

歌詞の意味と共に、どのような思いが込められているのかについても一緒にお伝えしていきましょう。



CMの書き下ろし曲

「鋼の羽根」は、大塚製薬のカロリーメイトの新CMの「この世界で考え続ける人へ」篇のために、書き下ろされた曲なのです。

このCMには野田洋次郎(RADWIMPS)も出演をしているため、曲を作る時には思い入れが強い可能性があると想定できるでしょう。

歌詞の意味について

一人で生きられるように強くなりたい、そう思っていた時に現れた人がいるのです。今までに努力をしてきたけれど、なぜか意味がなかったかのように思う気持ちも。

自分でもこれが正しいのか分からない、本当にこのままでよいのかも見えてこないような日々。もしかしたらこれは、見えていない何かの存在に仕組まれたことかもしれない。

でもそれなら尚更、革命と呼ばれるものを起こすか負けてしまうかを選ぼうと考えるのです。人から見たら、怖くないと思っているように見えるかもしれません。

でも恐れだけでは止めることができない、胸に熱い思いがあるのです。確かなものがほしい、そして崩れない強い気持ちを得たいのです。

でも言葉はとても軽くて浅いものに思えてしまうのでしょう。もし感動をしたとしても、すぐに気持ちが冷めてしまうのです。

このような中で、永遠のような夢を得たかった。今存在していることの意味についても、知っておきたい思いがあるのでしょう。

大きな宇宙から比べて、あまりにも小さな自分という存在。だからこそ、ここにいる理由を得たくなるのです。

もしこれについて大切な人と探していけるのなら、仮に遠回りになってしまったとしても構わないと思えるのでしょう。

奪われることのない、今という時間。これを持ち続けていたいのです。言葉がとても中途半端に感じる時、それでは心が満たされないのでしょう。

でもきっと心を満たせるものがあるのです。このために自分で自分を越えていきたいと思っているのです。

大切な人と一緒にいられるのなら、きっと色々なことが見つかるはず。お互いに見つけ合い、そして歩んでいけると感じるのでしょう。

 

最初の一歩になってくれる曲

これからの日々、歩んでいくのが不安だと思う時が多いですよね。でもこの曲は、そんな時の最初の一歩になってくれるはず。

自分の中でずっと探していたように思えるでしょう。そしてこれからも大切にしたいと思える曲があれば、自分にとっての強さとなり勇気も出てくるのです。



関連記事一覧