緑黄色社会の結証の歌詞の意味と曲から学べること

緑黄色社会の結証の歌詞の意味と曲から学べること

緑黄色社会の結証の歌詞の意味は、テレビアニメのエンディングテーマでもあるため、興味を持つ人は多いのではないでしょうか。

今回はこの曲の歌詞の意味、そして聴くことで学べる内容についてお伝えしていきます。



この曲は「半妖の夜叉姫」のエンディングテーマとして、書き下ろされたミディアムナンバーです。曲の構想については以前からしていたのですが、アニメのタイアップとしての依頼を受けた時には、作品と合うと判断されたので完成をしたのです。

「目に見えないもの」について伝えたい内容として、楽曲を作ることになりました。MVについては、曲に込めたメッセージを老夫婦を主人公にしたストーリーにより、表現されたドラマのような内容になっているのです。

アニメについて

 

曲の歌詞の意味について

足元にはいつも糸があり、これがどこへ歩く時にもついてくるのです。どこまで伸びているのか、それさえ分からないのです。

覚悟を持ち、逆らうことなく。記憶や過去に対しては壊してしまい、手に取ると決めた時には心がなぜか震えたのです。

今までに謎だったと思っていたこと、この答えが見つかった時には大切な人に伝えたい思いになったのでしょう。

お互いに引かれていた、それはとても強い思い。この糸は張ったままで、とにかく自分の元にたぐりよせたいと思っているのです。

これを心に結び、どんなに迷ったとしてもその場所を見つけられるようにと、願っているのです。これを証にしたいのでしょう。そうすればこれから先も、また出会えるはずだから。

選択をするしかなかった、でもこれについては意味があったと思っているのです。間違いはなかったと思いたい。なぜならこの時に流した涙も、今に繋がっていると思えるから。

手を伸ばしたけれど、とても遠いのです。でも覚えていることがあるのです。心に残り続ける温かさ。あの頃のように自分はこれからも、生きていくのでしょう。明日どのような出来事があっても、きっと結び付いているのです。

大切な人を思うほど、糸を引く手が赤くなっていくのです。糸が固くて厚い。そして永くて太いように感じているのでしょう。それでも信じ合えているから。

目を閉じれば、存在を感じられるのです。この糸は切れずに、きっと大切な人とつながっているのです。そしてまた会える日が来るのでしょう。

 

目に見えないけれど大切な存在

目に見えないけれど、大切な存在は実は心の中に多くあるのではないでしょうか。これを感じた時に、今後も進んでいけるように感じるはずです。

目に見えるものだけを信じるのではなく、イメージをして目に見えないものの存在を感じるようにするのも大切な時間になるでしょう。



関連記事一覧