大黒摩季「SPARKLE」の歌詞の意味とアニメとの関連性

大黒摩季「SPARKLE」の歌詞の意味とアニメとの関連性

大黒摩季「SPARKLE」の歌詞の意味については、アニメのオープニングテーマでもあるので興味深いと思う人は多いですよね。

今回は大黒摩季「SPARKLE」の歌詞の意味、そしてアニメとの関連性や曲の魅力についてもお伝えしていきましょう。



アニメについて

大黒摩季「SPARKLE」がオープニングテーマとなるアニメは『名探偵コナン』です。人気アニメの主題歌として、この曲はとてもマッチするように感じます。

タイトルの「SPARKLE」は、大黒摩季が30周年に向けて、この時代だからこそエネルギーや輝きを放とうというような意味が込められています。

つまりは30周年のテーマとしたキーワードなのです。そしてツアーのタイトルにも採用され、アルバムのタイトルにも決まっている言葉に。

歌詞の意味について

青い空を見上げてみると、そこには雲がなくてとても爽やかなのです。でもこれに対して、どこか切なさを感じるのでしょう。

走る方角や場所などについて、分からないと感じるようになったのはいつからだったのでしょう。

失うということに対していつしか慣れて、望むことさえもしなくなってしまった。これに対してもいつからだったのかと振り返ってみるのです。

精一杯努力をして、そして傷ついてきたのでしょう。このような中で強くなろうと誓ったのです。

自分自身が向上をするため、そして笑顔でいられるために何が必要だったのかを考えてみる時も。

心から相手を信じて好きだと思えるぐらいに、人を愛したい思いがあるのです。自分自身の人生、それなのに使われてしまうようなことばかりが続くのは、もうこれでやめたい思いがあるのです。

賑やかで楽しく過ごす人たちが多い日曜の公園。明るすぎてなんだか心が苦しくなるのです。強がりを続けてきて、いつしか一人で過ごすことにも慣れてしまったのでしょう。

甘いささやきや熱さを感じるメッセージに対して、面倒だなと感じるようになったのはいつからなのでしょうか。

自分の人生そしてこれからの日々に対して、広がりがあったはずなのに狭めてしまったのは自分自身。でもだからこそまだ諦めたくない思いがあるのです。

恋をして心を燃やしてみたい思いがあるのでしょう。完璧ではなくてもいいのです。自分のための未来であり、人のためのものではないのです。

だから自分の努力が人のものになるのも、耐えられないと考えているのでしょう。切り替えて生きること、これに対して納得をしたのです。

そして自分自身の無力さに気づき悟ったのでしょう。でもこのように思ったのは、いつからだったのでしょうか。

自分らしさ、そして生きてきた証拠のようなものについてもう一度考えてみたいのです。希望や未来はある、でもこれが永遠ではないと感じているのでしょう。

だからもう一度本気の恋がしたいのです。これはきっと愛と呼べるもの。いい女でいたいと思っていた時期もあったかもしれません。

でも人のための人生ではないから。恋しさを感じながら大切にして、日々を過ごしていきたい気持ちになったのです。

完璧いる必要などない、だってもしそうだとしてもつまらないから。人のために何かをするだけではなく、自分自身のために未来を生きたいのです。こう思うことが輝きへときっと繫がっていくのでしょう。

 

大切にしたい思いとは

輝き続けたい、そのためにどう生きればよいのでしょうか。このように思い悩む時もあるかもしれません。

でも自分の素直な思いを大切にしていけば、きっと新しい出会いもあるはず。そして自分自身も生まれ変われるでしょう。

こう思わせてくれる力強さがこの曲の最大の魅力なのかもしれません。大黒摩季だからこそ表現できる世界、これを思い切り感じられる曲になっているでしょう。これからもずっと活躍を見続けたいアーティストですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>藤井フミヤ「水色と空色」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ



関連記事一覧