King Gnu「Stardom」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

King Gnu「Stardom」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

King Gnu「Stardom」の歌詞に意味については、2022年NHKサッカー番組全般のテーマソングでもあることから、深く知っておきたいですね。

彼らしか表現することができない独特な世界観を、この曲でも満喫していきましょう。では今回はKing Gnu「Stardom」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ



NHKサッカーテーマ曲に!

King Gnu「Stardom」は、ワールドカップを含む2022年のNHKサッカー番組全般のテーマ曲になります。大変な時代を生きる全ての人たちの、エネルギーになるような音にしたかったとのこと。

CDについて

2022年11月30日には最新シングル「Stardom」のCDが発売されます。このCDには「雨燦々」も収録しています。

通常版と初回限定版の2形態にて発売。初回限定の特典Blu-rayには2021年の12月に行われたツアーファイナルライブの映像が全編収められることになっています。こちらについてもしっかりチェックしておきたいですね。

 

MVについて

「Stardom」のMVが公開されました。常田大希率いるPERIMETRON(ペリメトロン)のメンバーとして活躍する、OSRINが監督を務めています。

ソニーPCLのクリエイティブ拠点「清澄白河BASE」で、最新の映像制作手法を活用して撮影された内容になっているのです。

あらたな映像技術やCG、ジャケットアートワークを務めた山田遼志によるアニメーションも使用されていて、迫力のあるMVに仕上がっているでしょう。

 

「Stardom」の歌詞の意味について

今まで笑顔でごまかしてきたのです。でも実は裏では何度も涙を流してきたのでしょう。歩いてきた道を思い出しながら、屈辱についても飲み込んできたのです。

憧れとは全く違う、でも確かな道のりがあるのでしょう。これからもずっと続く全ての人の夢、それは終わることがないのです。

自分自身の背中を蹴るようなこともあったのでしょう。でも人生の果てというものはないのです。意味のないような旅はきっとないから。

雲を越えてずっとその先まで。逆さまに落ちてその先まで。たった一歩、ここから一歩だけ進みたい。

心がこの足を走らせてくれると感じるのでしょう。過去の悪夢を断ち切ることができたとしたら、輝きに向けて何度でも手を伸ばし続けていけるはず。

心の奥底では諦めるしかないと思っていたのです。でも自分の夢をわらわないでいてくれた、大切な存在に対して応えたいと感じているのでしょう。

夢でしかないと思っていた場所に、今自分が立つことができているのです。だから命を揺らしながら過ごしていきたい。

諦めなければ、きっとずっと続いていくのでしょう。まるで終わらないパーティーのように。勝利の女神に機嫌について聞いてみたい、そろそろこちらを向いてほしい願いがあるのです。

この場所から一歩、怖いものを知ったからこそ立ち向かっていけるのです。あの日の悪夢を断ち切ることができれば、この胸に強くひとつの未来だけを信じられる。

心が足を走らせてくれる、だからあの日の悪夢を断ち切りながら輝きに向けてきっと何度も手を伸ばしていけるのです。

栄光というものに向けて、限界を越えて進もうとしているのでしょう。終わることを怖れずに、無謀だと笑うような思いがあってもいいのです。自分自身の精一杯を尽くせば、後は待つだけでいいと思えるのでしょう。

 

決意と情熱を感じる曲に

とても魅力的な曲の中で、決意と情熱を感じられる内容だと感じます。段々と熱を増していく自分自身の心があるのでしょう。

そしてこの決意と情熱が聴いている人たちにも、伝わってくるのです。大切にしたい思いを、諦めずに持ち続けたいと思わせてくれる曲でもあるでしょう。

自分の中に眠っている夢や憧れを、この曲によって呼び覚ますことができるかもしれません。パワーや熱い思いを感じたい時には、聴くようにしたいと思える曲でもあるでしょう。

 

☆こちらの曲もチェック!

>>>Aimer「Ivy Ivy Ivy」の歌詞の意味とドラマとの関連性について知ってみよう!



関連記事一覧