「名前を呼ぶよ」SUPER BEAVERの歌詞の意味と映画との関連性

「名前を呼ぶよ」SUPER BEAVERの歌詞の意味と映画との関連性

「名前を呼ぶよ」SUPER BEAVERの歌詞の意味は、映画の主題歌として起用されていることからも、深く理解しておきたいところですよね。

今回は「名前を呼ぶよ」の歌詞の意味と映画の主題歌としての魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



映画について

「名前を呼ぶよ」が主題歌として起用されているのは「東京リベンジャーズ」という映画です。

この映画は主人公が仲間のためだけではなく、何よりも自分自身のために命がけでリベンジをしていく姿を描いたもの。

漫画からついに実写映画になった作品でもあるため、内容もとても興味深いですよね。

歌詞の意味について

大切な存在と出会えるのは、とても素晴らしいことだと感じるのです。日々の中で知らない内容はとても多く、このような中で名前を呼び合える存在がいる。

イライラすることや後悔もあるのです。でも一緒に笑い合える時間もあるのでしょう。ありきたりの日々だとしても、二度と同じことはないと考えると怖くなってしまうのです。

愛しいと思う気持ちを抱えながら、時間を超えていきたい思いがあるのでしょう。今という時間がとても楽しいから。

心の中に守っていきたい思いがあるのです。自分の中で出会いというのは、実は全てだったと気付いたのです。

名前を呼ぶことで相手の存在の意味を、一緒にいる意味さえも感じられるのでしょう。時が経ち、詫びたい思いがあるのです。

これをさりげなく伝え合えるような関係について、とても貴重なものだと思うのでしょう。助けたいと相手に思いながら、自分自身が助けてもらう時があるのです。

自分は相手のために、何をしてあげられるのでしょうか。ふと心に表情が浮かんでくるのです。そして自分にとって、相手との出会いや過ごす日々こそが自分にとっての生きることだという気持ちになるのでしょう。

名前を呼んで会いに行きたいのです。これにより、様々なものとつながっているように感じるのでしょう。

だから大切な人にも、名前を呼んでほしい。素直な心のままで会いに行きたいのでしょう。色々な意味がある、意味のないものなどないと思うことができるのです。これがとても嬉しくて、そこにも価値を感じられる関係性なのでしょう。

 

出会いには意味がある

出会えた相手に対して、とても幸せだと思える瞬間がありますよね。この出会いには意味があると感じると、日々を更に充実させることができるでしょう。

当然のように思う日常の中、これは当たり前ではないと感じる時もあるかもしれません。そう思うことにより、大切にしたいものが増えると教えてくれる曲でもあるのでしょう。



関連記事一覧