• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 「あいつら全員同窓会」ずっと真夜中でいいのに。の歌詞の意味と考察について
「あいつら全員同窓会」ずっと真夜中でいいのに。の歌詞の意味と考察について

「あいつら全員同窓会」ずっと真夜中でいいのに。の歌詞の意味と考察について

「あいつら全員同窓会」ずっと真夜中でいいのに。の歌詞の意味はタイトルがキャッチ―でもあるので、知っておきたいと思う人が多いのでは。

実際に現在とても注目されている楽曲なのです。今回はこの曲の歌詞の意味と、考察について詳しくお伝えしていきましょう。



ゲームのために制作された曲

この曲はオンラインRPG「ファンタジースターオンライン2」のコラボプロジェクトのために制作されたのです。

曲調がどんどん変わっていくことにより、刺激を受けたりもう一度聴いてみたいと思ったりする曲に仕上がっていると言えるでしょう。

この曲はSpotifyブランドキャンペーンのCMにも起用されているので、実際にテレビで観た人も多いですよね。

歌詞の意味について

思うようにスッと起きることができない自分。そして朝食を急いで食べるのです。義務的で事務的な挨拶をしながら、日々が過ぎていくのでしょう。

手帳を見てみると、すぐに過去になってしまう現実。先輩に対してはかなわないと感じる時も。でも仕事の帰りには少し遠回りしたり、買い物をしたりして少し幸せになれる時もあるのです。

ダンスをしたとしても、気付く人はいない。自分なりには日常をうまく描けているように感じるのです。

でも捨ててしまいたいものもあるのでしょう。ネガティブな思いを持ちながら過ごすには、人生は長いものではないと分かっているのです。

どうでもいいように感じる過去のこと。こうなりたいと願う自分の姿があるのでしょう。これに対して努力をしていく、そんな自分でいたいのです。

もし勝手だと言われても、かまわない思いがあるのでしょう。誰かを批判することもしたくないのです。

人には人の考えがあるので、否定したくないのでしょう。そんなことをしなくても、生きていけるスタイルを見つけたい気持ちも。

人のダメなところを探したとしてもどうしようもない。自分はそんな立場にいるわけではないのです。

自分に言い聞かせる時があっても、きっまた笑っていられる時がくる。そう信じられるから、自分は自分のままでいたいと考えているのでしょう。

 

自分は自分のままでいればいい

人から評価されたり、人と比較したりすることはないのです。自分は自分のままでいればいいし、それ以外の何ものでもない。

このように思うことができれば、日常についても嫌だと思わずに受け入れていけるかもしれません。

自分が選んだ日々だと思えると、これからの自分が見る世界も少しずつ変わっていくと期待できるでしょう。



関連記事一覧