BUMP OF CHICKEN「Small world」の歌詞の意味と曲の魅力について

BUMP OF CHICKEN「Small world」の歌詞の意味と曲の魅力について

BUMP OF CHICKEN「Small world」の歌詞の意味については、映画の主題歌としても起用されているので、ぜひ注目したいですね。

今回の曲はどのようなテイストでメッセージを与えてくれるのか、知っておきたいところです。

ではBUMP OF CHICKEN「Small world」の歌詞の意味と曲の魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



映画について

BUMP OF CHICKEN「Small world」は、今とても人気のあるキャラクターが登場する『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』の主題歌です。

2021年の12月22日発売の最新シングルCD「なないろ」に、この曲が収録されますのでこれについてもチェックしておきたいですね。

この映画は人気キャラクター「すみっコぐらし」の10周年記念作品です。「Small world」はとても綺麗な音楽、そしてボーカルの温かい声が印象的な曲になっています。

2021年の活躍!

2021年には結成25周年目の日に合わせて「Flare」を配信リリースしました。そしてNHK連続テレビ小説の「なないろ」は、主題歌として起用されたのです。

素晴らしい活躍をしているBUMP OF CHICKENの新曲として、「Small world」もとても期待が持てますね。

 

歌詞の意味について

あまり器用ではない自分、だから上手には歩んでこられなかったのかもしれない。でも信じて歩んできた道があるのです。

慎重になりながら歩む日々の中、大切な存在に会うことができたのでしょう。眠る前に瞼を閉じると、孤独を感じる時もあるのです。

でもこのような思いを、大切な人なら分かってくれると感じるのでしょう。そっと溜息をつくのです。でもこれに対しては夕日に預けるようにして隠していたのです。

でも大切な人は、これに気づいてくれたのでしょう。同じような思いを持っているからこそ、分かり合えたのです。

希望は欠片になりどこかに行ってしまいそうになるのです。でもこれにより輝きを感じるのでしょう。

パレードがあったり、誰かの歌声が聞こえてきたり。でもこれは自分には関係ないのです。このような中でも大切な人と笑顔になれれば、その時間は全て二人のものだと思えるのでしょう。

言葉を選んだとしても、間違えてしまいそうになるのです。傷つけないように、怒らせないようにと慎重になっているのでしょう。

でもいつの間にか、言葉が出なくなってしまったのです。大切な人の思い出の中、どうしても近くに行けないのです。

涙してしまうのは、そこに理由があるから。だから今は近くにいてほしいと願うのでしょう。今自分が行動したいこと、これは大切な存在にしてもらったことだからなのです。何も話さなくても、ただ月は丸く相手の目に映っているのです。

夢は叶わないから綺麗なのかもしれない。きっと輝いて見えるのでしょう。変われない中でも変わりたい思いがあるので、苦しさを感じるのです。

もし流れ星が夜空にあっても、気づけない時があるかもしれない。でも大切な人を見つけられた、そして大切な人から見つけてもらえたのです。

だから自分は自分でいることに、喜びを感じて過ごしていけるのでしょう。人に気付いてもらえないくらいの小さな世界。

でも自分たちにとっては、とても大切で必要なのです。同じように感じられる相手がいてくれる、そして丸い月が映る瞳。

パレードはもうすぐきっと終盤なのです。自分にとって関係がないと感じる世界、でもこれらが自分たちを包み込み、いつしか消えてしまいそうになる思いがあるのでしょう。

 

キャラクターの世界観とのリンク

普段目にすることが多いキャラクターでもあるので、魅力を感じている人は多いですよね。この曲を聴くと、映画とキャラクターとリンクしていると思うはずです。

小さくても精一杯生きている、そしてそれぞれの世界があるのでしょう。このように思うと、自分にもきっと自分だけの世界がある、だから大切にしていこうと思えるのではないでしょうか。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>「知りたいこと、知りたくないこと」中島美嘉の歌詞の意味とドラマとの関連性



関連記事一覧