「スマイルフラワー」TUBEの歌詞の意味と込められたメッセージ

「スマイルフラワー」TUBEの歌詞の意味と込められたメッセージ

「スマイルフラワー」TUBEの歌詞の意味は、通算62枚目のシングル「BLUE WINGS」のカップリング曲、そしてCMにも起用されているので、ぜひ注目したいですね。

3年ぶりにTUBEの新曲を聴くことができて、嬉しいと思う人はとても多いはずです。今回はこの曲の歌詞の意味、そして込められたメッセージについてお伝えしていきましょう。



CMについて

クノールカップスープの、冷たい牛乳でつくるカップスープのCMに「スマイルフラワー」が起用されているのです。

川口春奈が出演しているCMで、夏の定番の曲をかけてほしいという彼女の言葉と共に「スマイルフラワー」が流れます。

夏にとても合う曲であり、そしてメッセージ性も強いのが特徴的。どのような思いが込められているのか興味深いですね。

歌詞の意味について

夜は必ず朝を連れてきてくれる、そう信じてほしいのです。だから今は辛いとしても、笑顔になれるように、種を一緒に植えてみよう。涙が流れても、注ぐことによりきっと愛は育つのです。

空が曇っていて、晴れないように感じる時も。でもきっと陽の光を感じられるようになるはず。この世界や未来をつなげていくものがあるのです。

季節が巡り、なくしていくものがとても増えてきたように感じる時も。自分の中で傷となり、残るものもあるでしょう。

でもこのような時こそ、一度止まってみて振り返る時と考えてもよいのです。そうすることで、きっとこれから先の未来はよい方向に向かっていく。

そして輝く夏がやってくるのです。この時には宝物を一緒に探しに行きたい。この痛みを忘れずにいながら、花を咲かせられるでしょう。

今日という日も、いつしか思い出に変わるのです。そのためにも美しい渚で、大切な人と一緒に語り合いたい。世界や未来をつなげてくれる存在があるから、きっと大丈夫だと思えるのです。

ゴールが見えた気がしたけれど、振り出しに戻ってしまいそうなことも。これに対して、やるせなさを感じるのです。

まるでかくれんぼのように続いていく、見つからないもの。これが少し続いてしまうかもしれません。

でもどんな時でも、信じられるものがあるのです。だからきっと夜は明ける。そして晴れた空を見ることができる日を信じて歩いていくことができると、教えてくれている曲でもあるでしょう。

 

エールに対して心が熱くなる曲

気持ちが弱りそうな時にこの曲を聴くことで、きっとエールだと感じて心を熱くすることができるはずです。

夏のイメージが強いTUBEだから、そこに強さを感じるのです。そして自分への応援歌として大切にしていきたい曲ですね。



関連記事一覧