ニッポンの社長が優勝!「スーパーお笑い大賞」の初代王者に輝く

ニッポンの社長が優勝!「スーパーお笑い大賞」の初代王者に輝く

ニッポンの社長が優勝を果たし、「スーパーお笑い大賞」の初代王者になりました。スーパーお笑い大賞ってどんな賞レースなのという人も多いでしょう。

今回は、見事優勝を果たしたニッポンの社長と、スーパーお笑い大賞について紹介いたしましょう。



「スーパーお笑い大賞」とは

「スーパーお笑い大賞〜おもろいやつが得をする〜」(SEIYU・SUNNY Presents)が正式なタイトルで、2022年が初の開催です。

SEIYUなどのスーパーマーケットチェーンを運営する西友が、吉本興業と協力して開催する新たなお笑い賞レース。「安くてお得なスーパー西友」というテーマ指定があるため、今大会用に準備したネタで競い合うのが大きな特徴です。

最終決戦は陣内智則がMCを務め、2022年8月1日に吉本興業のYouTubeチャンネルでライブ配信。「鬼越トマホーク」・「もも」・「ジェラードン」・「ジョイマン」・「ニッポンの社長」・「ロングコートダディ」の6組が、初代王者タイトルの栄冠を目指しました。

 

ニッポンの社長が逆転で優勝

事前にネタのショートバージョンをTwitterで一般投票し、順位に応じて3点ずつ差がついた状況での最終決戦でした。一般投票で2位のニッポンの社長が、ロングコートダディを最終審査で逆転して、最終7点差をつけての文句なしの優勝を果たしました。

ゾンビが西友の商品PRをしながら食べるネタのコントで、ニッポンの社長独自の世界観があり、インパクトとともに笑いを生みました。

ニッポンの社長には、西友のWeb CMの出演権と、西友のプライベートブランドである「みなさまのお墨付き」1年分365商品が与えられます。どんなCMになるのかも楽しみですね。

ニッポンの社長の経歴について

ニッポンの社長は、辻(本名:辻皓平、1986年生まれ、京都市出身)とケツ(本名:西原大地、1990年生まれ、奈良県生駒市出身)のコンビです。

吉本興業の養成所NSCで学んだのは、辻が2009年(32期生)で、ケツが2010年(33期生)。先輩後輩の友人関係でしたが、ケツから誘って2013年にコンビを結成しました。

長身でシュッとした辻と、対照的なキャラクター性が光るケツとのバランスが特徴的です。独特な世界観のコントを得意としていますが、「M-1グランプリ」で準決勝進出の経験があり、漫才の実力も兼ね備えています。

2020年と2021年に2年連続、「キングオブコント」の決勝の舞台に立ち、知名度も大きく上昇しました。5位と4位の結果だったので、2022年は優勝候補の一角になる可能性は高いでしょう。

 

ビッグタイトルに向けた大きな弾みに

2021年に「NHK新人お笑い大賞」で優勝、2022年に「上方漫才大賞」の新人賞を受賞して、今勢いのあるコンビです。

「スーパーお笑い大賞」での優勝のタイトル獲得は、2022年の「キングオブコント」や「M-1グランプリ」のビッグタイトルに向けた大きな弾みになったことでしょう。

公式サイト:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5141

 

☆こちらの記事もチェック!

>>>こたけ正義感は現役弁護士で芸人!ABCお笑いグランプリ準優勝



関連記事一覧