ゆず「君を想う」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージについて

ゆず「君を想う」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージについて

ゆず「君を想う」の歌詞の意味については、MVが注目されていることからも深く知っていきたいですね。

今回は、ゆず「君を想う」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージについてお伝えしていきましょう。



アルバムリリースに先駆けて

「君を想う」は6月29日リリースのニューアルバム『SEES』に収録される楽曲です。そしてリリースに先駆けて、6月15日から先行配信が始まりました。開催中の全国アリーナーツアーでは、既に披露されている曲です。

MVについて

「君を想う」をコンセプトにして、Koki,が演じる主人公の女性が日々を過ごしていく内容になっています。

この中で大切な記憶や時間を思い出し、未来に向けて進んでいく姿が表現されています。時喧騒の中に一人たたずむ姿、そして精悍な表情となり歩き出していくのです。

大切な人を思いながら涙を流す場面についてもKoki,の美しい姿が魅力的ですね。

 

「君を想う」の歌詞の意味について

大切な人が描くような自分ではないかもしれない。でも大切な人のおかげで、自分はとても強くなれるのです。

他の人が想像をするような人ではない、だからこそ自分と一緒にいる時には自然体でいてほしいと願うのでしょう。

眠れないと思いながら、時間が過ぎていくのを感じているのです。窓の向こうには朱色の空が見える、そして鳥の影も美しい。

大切な人を想うと、涙が出そうになるのです。今までに歩いてきた日々を胸に、これからも歩いていくのでしょう。

光と闇が混じりながら明日を創りだすのかもしれない。でも翼がなくてもいいのです。近くにいたいという思いがあるのでしょう。

笑われたとしても構わないのです。なぜなら小さくてもとても愛しい大切な二人の歌だから。

大切な人が必要としてくれたような自分ではないかもしれない。でも大切な人は自分を臆病に変えていくのです。

疲れてため息をつくことが多かった日々。でも夜の向こうに月を見上げることができるのです。

大切な人を想うと会いたい気持ちが強くなるのでしょう。分かり合えないと感じる日々、でもこれら全てが自分たちをつくっているのです。

これは他にかえることのできない、ありふれたストーリー。人がとても多く通り過ぎて行く道の向こうが見えるのでしょう。

でもこのような中でも真っ白で影のないような心でいたいのです。大切な人を想うと会いたい気持ちになるのです。

忘れることなどできない日々を、胸にこれからも歩んでいくのでしょう。光と闇が入り交じるかもしれない明日に向かう思い。

翼がほしいと願った時があったのかもしれない。でも今は必要ないと感じるのです。一緒にいたい、近くにいたい存在に出会えたから。

周りから見たら笑われるかもしれない、そうだとしても愛しくて大切な歌だから気にしないでいられるのです。

眩しい日々や痛いと感じる日々、そして輝いている日々や闇の中の日々それぞれがとても大切なのです。

そしてずっと愛しさを感じられる、大切な存在に出会えた意味を思うのです。忘れることのない日々と、二人で過ごした日々についても心の中にいつもあるものなのでしょう。

 

大切な人を想いながら

日々の中で大切な人の存在が自分に与えてくれるのは、とても大きくてかけがえのないものでしょう。

こういったことに対して、一緒にいるうちにいつしか当たり前になってしまうこともあるかもしれません。

でも少し立ち止まってこの曲を聴くようにすると、決して当然ではなく一緒にいられる時間の尊さのようなものを感じられるはず。

大切な人を想う時間は切ないけれど、強さを与えてくれるものでもあるでしょう。このように思えるからこそ、また明日に向かって進んでいけるのです。光ばかりではない明日だとしても、きっと大丈夫だと思えるのでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>Official髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞の意味とアニメとの関連性



関連記事一覧